I Love Serendipity.

私のツイン体験記

★138話★立ち上がるライオン

そのあとは、

私にまた、大きな気づきが起こりました。

 

9/6夢を見る。

今の彼が、私の隣に座っている夢。

言葉を交わした。

彼が今、最も愛情を向けている対象。

その子は?と私が聞くと、

忘れた、と言った。

 

2人の間に入るものは、

なくなったのだ、と思った。

 

その翌日の朝は、目を瞑ると、

おでこにビジョンが浮かぶ。

陰陽のように混じり合う、緑色の

エネルギーのビジョンが見えていた。

 

地球と人間の関係と、

人間同士の関係は同じで、

 

はじめの頃、私が彼にしていたこと、

その同じパターンは、

破壊のパターンなのだって、

気がつきました。

 

それに気がつけたのは、

私がじぶんの価値を、

自分で認めるようになってからです。

 

すると、彼が言っていたことが、

全部わかりました。

 

せんぶ、ぜんぶ、わかりました。

 

私たちに起こっていたこと、

私が経験してきたエネルギーの流れも、

なぜこれを経験してきたのかも、

ぜんぶ、わかりました。

 

一度、女性は女性性が開き、

内に内に行き、まるで死のような感覚になります。受け入れるということは、

ある意味、自分がなくなるからです。

それは時に、恐怖を感じます。

明け渡しても、大丈夫だという経験が来るまでは。

でも、それを終えると、今度は新しい価値観というか、

本来の価値観で再生が始まり、

立ち上がるチカラが湧いてきます。

 

この時、じぶんの価値を心底認める、

というプロセスがやってくる。

 

反転、がやって来る。

 

私と彼は同じなのだと、

頭ではなくて、わかってくるのです。

 

最初に宇宙空間を見た時、

彼と私は同じで、

それが嬉しいって心底思いました。

それほどの安らぎがあるのです。

言い方を変えると、

それほどのぜんぶの肯定です。

 

ツインレイとかは、

自分だから自分を好きになるなんてないよ、とかいう人いるけど、どうだろうね?

感じたことあるんだろうか?

 

エネルギー場では、

融合がずっと行われているから。

(そしてある層の融合が完了する時には、

大きなエネルギーの融合があるんだけど、負の存在がやって来る。笑

最高に仲良い時。

なんでだろ?磁場かな?

先日は、背中側から、ツインなんて!!と言う言葉とともに、黒いものが飛びついてきたよー。

しつこいけど、私にはこういうものが入れない。

ありがとう。シリウスに、龍にマリアにとのたまくん。

正八面体の黒いもので、壁に逃げて、消えていった。

コワイネ(´-ω-`)

わたしが受け取らないと、

持ち主に帰るから気をつけてね。)

 

すると、彼が理解できるのだ。

チャネリングとか、テレパシーとかの意味ではなくて、

生身の彼が以前いっていたこと、

今世の彼の経験からくる言葉が、

理解でき、

まるで自分自身であるように、理解できた。

いつのまにか同じ経験を、わたしも

別の人でしている。

 

それに、わたしと彼は

現実で、同じ場所に、

タイムラグがあっても行っている。

前はわたしが彼をなぞっていたけど、

今は逆。びっくりする。

 

死のあとの再生は、

反転だから。

陰極まって、陽と転ず。

 

相手と私は、

同じ大きさの光。

どちらかが一方的に守る関係ではなく、

どちらも同じなのだと思う。

支え合えるし、

守り合えるし、

与え合える。

 

だから両方学ぶのだと思う。

でも性質が違うの。

 

それを取り込んで行く。

 

魂の融合は、そういうことだ。

 

気づきが起こった時、

彼が言っていたこと、

してくれたこと、

走馬灯のように蘇った。

 

彼は、自立しているから、

自立した人の、

尊重の接し方をしていて、

それは優しさだったのだとわかった。

ずっと、大切にしてくれていたのだ。

愛せていなかったのは、私の方だ。

(彼も完璧でなくて、女性性の学びがあるし、恐れがあるけどね…)

そして、

それは人間が地球にしていることと

同じことだったことも理解した。

 

なんで、ツインレイが、

地球救済の使命があると言われるのか。

そこまで思いが巡った。

 

ぜんぶ理解した。

体で理解しないと、

本当にそういう生き方にはならない。

 

過去の自分の未熟さに、

涙が止まらなかった。

それは後悔とかいうことでもなく、

否定ということでもなく、

相手の痛みへの鈍感さと、

私がそうだったから、相手は距離を取っていたのだということがわかり、

そういったことが体に浸透してきて、

嬉しいのと、悲しいような、

気持ちの混じり合った涙になった。

 

それから、それは私に欠けていたものが、わたしに融合したことでもある。

何度も書いているけれど、

ハートの真ん中に静寂ができた。

どう表現すれば良いのか、

ぽっかり空いた穴が塞がったというのか。

小さな頃からずっとあった、

寂しさのようなものが消えたのだ。

これがなかったら、

こんな風に思えなかった。

どんなにどんなに頑張っても。

だから、体験が必要なのだ。

 

気づきが起こり、覚醒する時、

霧が晴れるように繋がってゆく。

 

いきなり今までのことが、

全部がつながり、理解するのです。

 

両親が私によく、

言っていたこともわかった。

私が人とぶつかる時の、

パターンの理由もわかった。

 

そして、

もうこれまでのパターンはやめよう。

もう、したくない。

終わらせたいパターンは、

一線を引いて退けよう、そう思う。

 

強制終了もそのためだな。

 

やりたいことをやりなさい。

繰り返し、私に告げられていること。

 

なんとかなるって思った。

全部手放しても、

もっとふさわしいものが、運ばれてくるはずだから。

私が望む、したいことだけしよう。

これはギフトなんだと思った。

1人ならなんとでもなるしね。

 

宇宙や神さまが与えてくれた、ギフトだ。

ただ受け取ろうと思った。

 

彼が来ても来なくても。

(ちなみに、私たちは連絡を取ろうと思えばいつでも取れますw

この間仲直りしたので。)

 

ハートで

「合格だ」って言われたよ。

イカツイおっさんの声?みたいでw

白龍さんかもしれない。

 

それももういいの。

こんな私でよければどうぞ。

 

おら、やるだけやったさ…。

大きな気づきの後は、

もう、どうとでもしてくださいという、

晴れやかな気持ちになっていた。

 

予告されたその時を、

今は、ただ待つのだ。

目の前のやるべきことをして。

私への課題は、

次から次へとやってきていた。

 

宇宙の意思にまかせようと思った。

 

同じ頃、私が尊敬する、

女性のメッセージを見る。

 

私の心にシンクロしていた。

これは、祝福のサインだと思ったのだ。

 

セントエルモの火

ふたご座の神話に深く関わっている。

嵐の中で起こる吉兆と、

昔の船乗りに信じられていたそう。

 

嵐の中、青紫色の二つの火が自然発火で帆につく現象を、セントエルモの火と呼んだそうだ。

 

どうしてかな。

私たちはインディゴ色の

オーラに見えると言われる。

 

わたしの魂の色は、紫色と言われる。

 

そして、彼とわたしは同じで、

陰と陽だと言われる。

 

尊敬する彼女と初めてあった時、

2人に同じことが起こると言われている。

彼女と初めて会った地は、

後から知ったが、

彼が仕事の拠点としている土地だった。

 

全部が繋がる。

 

「あなたの中に、私の炎を見る。

私の中に、あなたの炎を見る。」

「ふたつの炎が立ち上がるとき、

嵐はやみ、空に虹がかかる

見えなかった大地が見えてくる」

セントエルモの火

それは幻だったのか、

今となってはわからない。

けど、ここにたどり着いたのは、

君を目指して歩いてきたからなんだ」

 

そして私も同じ言葉を降ろしていた。

 

「始まりに戻る。原点に還る。」

 

始まりと終わりは、同じなのだ。

 

まるで神話を歩いているような

この道のり。

どっちが現実なのか、

いつもわからなくなる。

後から送られてくる答え合わせに、

いつも震えるような涙を流してきた。

神や人智を超えた存在を思わずにいられないからだ。

 

でも、

ずっとリアルで起こってきたことなの。

私は心から神を信じている。

 

ハレルヤ!

ブログ、移行します♬

ここも残しますが、

大部分を移行する予定です。

 

参考にしたり、

臨場感で一緒に共鳴したり、

応援してくださった皆さまには、

とっても感謝です。

ほんとに、一生懸命見てる人は、

かなり熱心に見てくれていました。

ひっそりだけど熱心だよね。

ありがとうございます。

 

マジ、ここ大切でした!

私の成長記録であり、

ストーリーの記録でもあり、

みんなとの共有でもあり、

書くこと自体も楽しい。

私は書くこと、好きなんです。

文章には、限界があったりするけど、

それでも表現っていうのは楽しい。

 

コメントしてくださった方々も、ありがとう。

私は誰にもくっつかない、

ネコみたいなものなので(笑)

 

野良犬?

 

一匹オオカミ?笑

 

ゴメンね。

相手に対してが特殊なの。

セッションの時は、別なんですけれど。

ヒトは好きなんだけど、

同じですよね〜〜っていうのがすごく苦手。

というか、その根底にある感じで変わるっていうのがそれなんだね。

なぜかは見つかったんですが、

それを言っても仕方ないので、控えます。

ここの文章で表現するのは難しい。

これはわたしの個性なので、

もうそれとケンカをするのはやめました。

 

そして、ツインとあったと言っている

人に共通するテーマは、

私も含めて、依存です。

依存自体は悪いものじゃないけれど、

よくよく考える時が来ています。

詳しくは書きません。

ここにもたくさん書いて来たし、

知りたい人は、コンタクトをしてください。

 

色々な表現の仕方がありますが、

簡単に表現すると、

奪い合う愛から、

与え合う愛への移行だということなんだと思うのです。

新生地球とか、5次元とか言ってるけど、

地球風に言えば、与え合う愛だと思うよ。

それには自分を育てるしかない。

真の循環は、これじゃないと苦しいんだよ。

 

それから、

今のネット上の情報氾濫状況を見て、

気持ち悪くなるし、

悲しくなるんですよ。

なんでなのかは、

まだ答えが見つかってません。

ゴメンナサイネ。

 

コミットしたい人にだけ、お届けします。

3部構成にしますね。

 

①ツインレイ・スピリットメイトストーリー

→私たちのストーリー。

なんていうのか、いつも言葉は迷うので、

とりあえずツインレイ・スピリットメイトとしますね。

私らは、前世ベースの展開でした。

個々のオリジナルストーリーがあると思います。

メルマガも含めて、ちょっとテコ入れもします。

具体的な、シンクロだらけの、

出会う1年前からのエピソードも入れよっかなと、思います。

登場人物の呼び方はちょっと変える予定です。

 

②エネルギー交流の現象と考察

→これは、みんな興味津々(笑)エネルギーについてだけをピックアップします。

「体感、体験」がまず先に来てるので、

あとからさまざまな知識や、

他の方の体験談からも考察しました。

魂の融合についてに、なるかな。

 

③スピリチュアルの概念と

ストーリーの攻略へのヒント

→これまで書いて来た、有名なプロセスに出てくる言葉などの、

経験や具体例からの、

わかりやすいと好評の説明と、

どうやって個人のストーリーに、

活かして行くかのまとめ。

多次元

次元上昇

カルマ

輪廻

霊性開花

など。

 

です。

 

お好きなものに、

コミットしてください。

 

まずは、19日までに、

最新のエピソードを更新します。

 

毎日のように、いろいろあるよねっ!

そして、思った以上に、わたしの現実はまたバタバタと変わってるので、

時間はかかるかもしれません。

 

そうしましたら、9月にアップしたものは、すべて移行させます。

 

今後の更新は、

新しいものにしてゆきます。

 

どうなるかは、

神のみぞ知る!笑

 

けっして、

ツインレイ、スピリットメイトだと

保証するものではありませんw 

証明できるものでもないし、

これを見た人がどう判断するかにもよるしね。

今、世の中にツインだって言ってる人はたくさんいるけど、

そこでいろいろ感じるかと思います。

 

たくさんみてくださって、

ありがとう。

 

最近では、毎日700〜

多い時には1000人くらい

訪問されてるようです。

 

こっそり始めたのにね。

 

毒舌吐いてるから、

無条件の愛には程遠いわ〜笑笑

 

なんてね。

 

カードセッションについては、

引き続きして行きます。

必要な方は、ご利用ください。

 

ではまた〜。

お知らせします。

 

意味ある夢を・・・宇宙人シリーズ

ここ数日、意味ある夢を見続けている。

 

それから、同じ日について、何度も繰り返し

啓示を受けている。

 

最近どうも眠くて仕方なく

先ほども書きましたが、大きなエネルギーが

注がれており、頭がぐわんぐわんし続けている。

 

たまらず、お昼寝もとることにした。

 

夢を見る。

ツインの嫁と結婚してるボディワーカーの友人が

このふたりはツインと思うといっている、

カップルがいる。1度お会いした。

二人ともクリエイティブな仕事をしている。

なぜかその二人が出てきた。

 

彼女のほうは宇宙人の雰囲気が強い。

私の隣に座っていた。

そして、そのペアの彼のほうが私のハートを押さえて、何かした。

強い力で抑え込まれて、

なにか大きなエネルギーを入れられる感じだ。

私は拒絶するが、拒絶できなかった。

そしてその人に「満月のたびに知らせが入る」と言われる。

 

朝方も印象的な夢を見る。

これには彼が出てきた。

電車に乗ろうとすると乗り遅れる私。

彼も行っちゃったと思うと、偶然乗り遅れたていで、

乗っていなくて私の近くにいる。笑

とっても疲れている様子。そう疲れているのだ。。。二人は連動している。

その彼がじっと私を見るが、その顔はちょっと彼から

変化する。宇宙人・・・みたいな。笑

顔の色がとても印象的。気になっている。

 

こういう夢って夢じゃないよって言われるのだ。笑

私もそうだと思う。

う。宇宙人になんかされてんねん・・・。

味方だと思う。

正八角形の黒。辛いの?

この間は、寝てて起きた時、

背中側からガバッと、

「ツインなんて!!」っていう声がして、

およっ⁉︎と思ったら、正八角形の

黒いのが壁に弾かれて、

消えていったよ。

 

辛い思いでもしてるんですかね〜?

 

もし、辛い思いでもしてるんなら、

囚われないようにすればいいんだよ。

 

ツイン神話は、

起こる人には起こるし、

起こらない人には起こらない。

 

自分と向き合うことが嫌なら、

やめればいいし、

やめようとしても、そうなら

必ず向き合う流れになるから。

そして、純粋なまっすぐな

そのもの以外は手放す流れになる。

 

彼と近づきたかったら、

自分と仲良くなること。

 

普通の人間関係にも

これはあると思うけど、

それがはっきり出るのが、

この関係だと思うのです。

 

霊的なことが、

そのままでる感じだしね。

 

 

 

 

★137話★タロットカード 第20番「THE JUGHEMENT 審判」

出会いと別れ

 

何度も同じところを、

ぐるぐるしてきた過去世たち。

私はまだ、過去世の続きは終わっていない。

今度は違う結末を迎えるために、

準備をしてきたのだ。

 

っていっても、がっちり掴んで、

相手が離してくれなかったから、

それに従ってきただけなんやけどね。

だけど、それは私の願いでもあると、

私は受け入れた。

 

私はせっかちで、弱虫で、すぐ諦めるたちなのに、

彼はのんびり時間をかけるタイプで、

心が強くて、簡単には諦めない。

 

今、佳境を迎えている。

 

それを、ふたごの彼女はキャッチしてた。

まー、この後、

この子ともレッスンあるのだけど。

必ずカルマの時は、どうでもいい人との間では起きない。

過去の自分を統合するって、

一旦圧がかかるものなのだよ。

イタイイタイ。

でも、もうコツもわかっている。

 

彼女は私と同じことをキャッチする。

「断末魔」

そう、彼を離したくないソウルメイトは、今断末魔をあげている。

それは始まりの頃からあった。

諦め切れないからだ。

とても苦しそうだ。

愛なのか。

愛の側面でもある。

彼女も、ある意味、

すべてを彼にかけていたから。

くっついたり、離れたり。

長〜い時間を彼と過ごしてきた。

初期は、熱烈な〇〇関係もあっただろう。

おや?世の中では、これをツインと言ってる人もいないか?笑

 

意地悪ですか、この言い方?笑

 

最初から、勝負といっても変だけれど、決まっていたかもしれない。

 

彼女は奪い合う愛を抜けられない。

そして、私もまだこの争いの中を

完全に抜けきっていない。

あともうちょっと。

 

私がとのたまくんから、

始まりの頃、言われたことは、

「私のところに行くために戦っている。だから見るな」と言われていた。

見るな、とはその人のことだ。

 

私はどこかこの言葉に抵抗あり、

受け入れられていなかった。

それは、私がそれにふさわしいと思えていなかったからかもしれない。

不思議と、魂って覚えていて、

そのソウルメイトの執着はすごくて、

いまだに私に念は飛んできてると言われた。

かぐや姫にとってもらったんだけどな。

でもその念は、私には入って来られない。

私は色々なものから守られているから。

 

彼らは終わりを迎えようとしている。

どちらかというと、円満だね。

ちゃんと自立できるような道筋をつけて、離れようとしているから。

それに、現実に見えていることと、

魂はやはり違うのだ。

物事は見えてる通りに起こっていない。

 

 

彼は彼のカルマを解消している。

その身に受けて、昇華しているのだ。

前に私がヒーリングしてあげたときに、

彼が、ポツリと言っていた。

わかっていても、手は出せない。

 

前回できなかったことを、ほかの

それぞれの登場人物にもたらしている。

一人一人、自立させている。

それで考えると、私だけ、

そこに入っていないのだ。

 

もうすぐそれも終わる。

 

ありったけの彼のパワーを使って、

成し遂げようとしている。

 

男性の方が大変。

 

その分、私に影響して、

苦しくなることもたくさんあるんだ。

だから、波動が落ちてるってことで

何か言われるのは好きではない。

私ができることは、結果云々とは関係なく、信頼することだ。

 

そして、私も心配とかより、

信じてもらう方が100倍嬉しい。

 

母ともそう話す。

私が最高にハッピーになるところを、

願って!って。

父は、大変な痛みを経験し、

家系のカルマを完了した。

 

家族の問題も一気にきたから大変だったけれど、

私が習得した技も毎日家族と彼に実践して、

今は、少しずつ好転してきて、

みんな穏やかに協力し合えるようになった。

 

彼はお父さんとのわだかまりを、

解消したようだった。

マヤ暦の彼の誕生日の日に、

一緒に彼のルーツへ行ったのだ。

あれが、彼の家系の癒しの始まりだった。

 

全部終わるまであと少し。

全部終わったら、

まるで老後のようだね、とも思う。笑

余生だね。

 

のんびりしよう。

楽しいことだけしよう。

そう思うのだ。今はね。

その時にならないとわからない。

 

審判。

 

それはどんな響きがあるでしょうか。

22枚あるタロットカードの大アルカナの20番「THE JUDGEMENT 審判」

 

このタロットカードは、

大天使ガブリエルがラッパを吹き、

すると死者が蘇る。

 

そのとき、人間の行いによって、

神の裁きがくだり、

天国と地獄への道が分かれる。

という、ストーリーがあります。

 

大天使ガブリエル。

ガブちゃん。

イシスから、私はガブリエルのエネルギーを感じると

言われてたんだよなって、思い出すわ。

 

審判のカードの意味は、

復活、再会、結果、祝福、位置の変化

 

奇跡

 

私はこのカードが好きだ。

 

神の采配を信じて、

とのたまからの予告を信じて、

またこの不安定なトンネルを通過できるか〜〜。

 

十一面観世音菩薩から、

繰り返し、

励ましてもらった言葉を思い出す。

「あなたの対を信じなさい」

今なら、わかる。

 

私がハイヤーとして見ていた姿。

初めて試しにやってみた1発目で、

最初からアクセスしていた。

やるじゃん、私。

今なら、励ましの言葉の、本当の意味もわかる。

 

そしたら、ふたごの彼女がまた

受信したようで、

でっかい声で、「ここにきて!」

って言ってるという(笑)

 

その口調、そっくり。

 

私はずっと彼が私に隠してきた、

事実を知り、ちょっと落ち込んでいた。

何回聞いても、私には本当のことを教えてくれなかったことだ。

それが明るみになった。そして確信したのだ。ソウルメイトとの関係を。

彼が示したことだ。

このタイミングで、知る意味があるよね。

 

でも、もうそれも、私にとっては、

大した揺さぶりにはならない。

あんなに嫉妬してたのに。

そうかぁと、だけ眺めた。

もちろん少しは落ち込みはしますよ。

やだなぁと思う程度にはね。

でも、そうだったとしても、

やはりもう、私は変わらないからね。

そして今、私と彼が離れていないということは、

まだやることがあるのだ。

 

 

ジャッジメント

赦し、救済、復縁、結果。

 

私はたくさん逃げようとして、否定して、どこにも行けず、

どこにも行かないと心に決めた。

ここに起こることは、私のすべてだから。

 

今ならわかる。

身の回りに起こることを、

善い悪いではなく、受け入れたり、

信頼して飛び込むことは、

相手に委ねることと同じなのだ。

それは、宇宙に委ねることと同じなのだ。自然そのものなのだ。

これが、サレンダーの意味だ。

 

セーフティネットがみえなくても、

絶対に安全なんだと、

自分自身を信じることは、

彼を信じることでもある。

どんな状況も、乗り越えて行けると、

信じられる。

そして、何かあっても、

それは光に昇華できる。

 

頭で思っても、できたつもりになっても、ハートでは不安がいつもあった。

その度に浄化のイベントが起こった。

でも今は、真ん中に落ち着いた、

静寂のようなものができた。

 

そして、いつだったか、

私のハートから、子宮の方に

エネルギーの塊が降りたのだ。

いつもまぐあいの時は、

ハートにエネルギーが注ぎ込まれていた。

グランディングだよね。

上から下のエネルギーは、男性だ。

天のエネルギーでもある。

 

過去世の私も、ハイヤーの私も、

たくさんの記憶も、

今起こる現象も、

すべて私なのだ。

 

その世界を受け入れ、すべてを愛する。

愛するとは、認めることだ。

光だけではないよね。

闇もある。ここで言っている闇は、

ネガティブのことね。

認めて、ただ観る。

そして浄化して光に昇華する。

光の方の選択をする。

 

さあ神さま、

見てちょんまげ!

 

そんな気分w

 

と言うことで、私のカルマに対して、

覚悟ができたのだ。

 

どうしても、私が、できなかったこと。

いつも保険をかけちゃってたから。

それに思い返せば、

私が社会人になった時の、

はじめの大きな挫折のときから、

避けてきたことでもあるなぁと思う。

取り戻すのだ。

 

私の予感と、相手に、

この流れに飛び込むんだ、

ということをやってみる。

むちゃくちゃ怖い。

動いちゃった方が楽なんだけど、

動かないことにした。

すると、お試しが雪崩のようにやってくる。ホラホラ、こっちの方が楽だよって。

決めたのだから、ブレない。

怖いと思う頭はどこ吹く風、

ハートは落ち着いている。

 

ハートは、こっちだ、と言っている。

だから私は、信じたいのだ。

相手の言ったことを。

それが本当かどうかは、その時わかる。

 

こういうことを決めるとき、

いつも涙がたくさん溢れる。

いつも泣きながら扉を開ける。

悲しいのではない。

何かと別れるような気もするし、

なんだろう、嬉しいのかなとも思う。

別れて上へ行くような感覚になる。

もう行かなきゃって思うのだ。

 

ダメだったらそのとき考える。

助けてくれる人はたくさんいるし、

宇宙も神さまも、悪いようにはしない。

 

それからもう、

誰にも間に入って欲しくないのだ。

 

 

 

ご紹介とうんざり話

おら、疲れた・・・ってことで、

引っ込もうとしている人となっておりますが。

おとといから、宇宙からくるエネルギーすごくって

頭ぐわんぐわんですね。

 

私は、これまでは上位チャクラ、

天からのエネルギーの学びでしたが、

地のエネルギー第3チャクラ以下の学びに入りました。

 

感謝の意味も込めて、

一つ紹介しようと思う。

今日、彼女の記事を読んでなるほどなぁとおもった。

いっこどうしても疑問だった現象がある。

にゃんで、これとあれは、べっこに起こるのか?って。

それは、テレポーテーションの話で解決ができた。

 

いろいろ巻き起こることは

感謝に変わるからね。

 

そして、おもしろいので。

 

私のブログを紹介した方のブログ。

ツインレイとともに~ワクワクな凄い時代になってきましたね~

 

こちらから、私のところに訪問された方もいらっしゃりますよね。

わたし、思ったことを吐きますが、怖い人ではないので、

コメントとかも自由にどうぞ。

 

かといって、感情ではなく、現象や何やらの話は、そうですよねぇ~~!という女子的共感は

本当にそう思わないとしないっていうだけです・・・

 

宇宙次元からのいろいろな情報を発信されていますね。

 

それで、テレポーテーションやテレパシーなどの

話ですが、私も同感なんですよね。

そこまでの詳しい記述を見て、なるほどなぁと思って、

じぶんの現象についての納得にもなりました。

かなり頭を使うと思いますが、

そして、体験していないといったい何!?

という表現ですが、

スピリチュアルで言っている言葉の表面をとらえていると

その真髄は??かもしれませんが、お読みになると楽しいと思います。

 

それで、全然別件で、

滑稽だったことを一つ紹介しておきます。

ほんとうに私がウンザリしたことね。疲れるの。

 

私の話をかいつまんで聞いた、スピリチュアルを仕事にしている女性。

ツインレイっっぽいですねー!!って言って、

その女性はツインレイだかフレームだかに出会っていると言っていた。

一瞬の出会いでそれっきりあっていないそうだが・・・。

安心とか好きな気持ち?「特別」なものを感じだって。

その方が習った講座がソウルメイト講座だったかな?

ツインレイ講座だったかな?そんな名前の講座で勉強して、それに私を誘うわけ。

来ませんか?受けませんか?めっちゃ高額なの。

うちの先生はツインレイに出会っているんでスーって。

 

私が神聖幾何学に興味あってぇと言ったら、

そうなんですよ!!よくご存じですねー!ツインは神聖幾何学に関係するんですよ。

(→この人は習っただけで、だからそうなんだって思っているだけ)

 

マジウンザリ。

スピリチュアルを仕事にしている人って、色々いるけれど、

私はそれは全然否定していないんだけど、マジウンザリ。

私は空中に神聖幾何学が現れたり、おでこに見えたりするから、

かなり真剣に知りたいわけ。意味が。なんなんだろう?って。

それでもちゃんと情報が来るから、そのうち理解するに至るのだけれど。