I Love Serendipity.

私のツイン体験記

一体化だけど

なにを信じるのか?

 

私のエネルギーを感じる人は、

皆言うのだけど、

相手と一体化してるって。

見え方、感じ方はさまざま。

赤と青の蛇のとぐろに見えた人もいるし、

マーブルの魂に見えた人もいる。

一体化といった人もいるし、

求めあっているともいった人がいた。

 

これはどう言うことなんでしょうね?

自覚はあります。

なぜなら、私には、彼の要素がすごく入っているから。

冷静だったり動じなかったり、

心の強さが出てきたり、クールな部分が備わったり。

これは私になかったもの。

 

笑える会話で、

私のおなか部分の一体化の相手、

彼じゃないよねぇ。

宇宙存在に感じるって言われたので、

聞いてみると、

いや彼だと言い張る。

 

そうかそうか。

 

そしたら、5ってきて、

私たちの会話には、

5ってなかったから、

???としばらく考えることに。

 

5ってなんだろう?

 

!!!!

 

あ!

 

まさか、5次元?って聞いたら、

ウンって返ってきた。

 

ナニ?

 

なんなの、これ。

 

そうそう。

コイツは最初から、

彼であり彼でないもの。

殿であり殿でないもの。

って言っていたんだった。

 

またしても、私の現実は動き、

違うフェーズへ移行する。

過去世ストーリーの続きでもあるような感じだし、

まったくちがう展開のような感じもする。

 

でも、人から伝えられてきた、

過去世ストーリーの続きの展開でもある。

 

それに伴い、私にやれ!!って言う

お題がやってきていて、

それは私の過去の傷にまつわり、

そして、彼のトラウマ的な想いと

共通するものだと気がついた。

 

そう、2人は同じ傷を持っていた。

 

それがわかると、彼の態度も許せた。

昔のワタシ。

きっと周囲の人には、

私が彼をみるように、

映っていたんだろうと思う。

 

ここも、超えるのだ。

最後のバンジー

今の私なら、大丈夫だ。

しかも、相手は彼であり、

そうなったら、

もっとも私が恐れていたことだけれど。

 

めちゃ怖いけど、どんな結果になっても、すべて受け止めると決めた。

わたしのプロセスを信じて。

 

きっとこのことは、

お互いカルマを超えることになる。

 

私は行動へ移し、ボールを投げたので、

相手からのアクションを待っている。

 

 

清算

今、いろんな清算

経験している人も多いかもしれません。

 

私自身は、ここに入る前までに

やってきているので、

揺れることもあったけれど、

すぐに整え、

相手が過去の清算

たくさんしております。

 

現実の動き、だね。

 

今までのサイクルの終わり。

 

古い扉を閉じている。

 

さあ、私たちに呼びかけられている

声を聞きましたか?

 

分離の世界は終わり、

調和の世界が扉を開く。

 

そのために、

たくさんトレーニングしてきました。

 

意識だけではなく、

身体を使っていくこと。

 

身体を使う、とは

行動を示している。

 

それには

グランディングのチカラが必要です。

 

喜びを感じるには、

第2チャクラのネガティブを解放し、

スペースを空けること。

 

その機会を、フルに使ってますか?

 

今回の、11/11もすごそうだよね。

 

楽しみですね(^^)

 

 

明日は木星の帰還

明日は、木星が射手座にはいる。

 

木星がホームへの帰還の日。

 

それから、私への予告の日。

星の動きを知らなかったのに、

私にはぴったり予告された。

 

その次は、11/11

 

私の胸に上がる気持ち。

 

それがわかって、笑ってしまった。

あぁ、だから、私は

彼と離れ離れなんだって。

 

なんと、この分離のゲームを、

楽しんでいたことに気がついてしまった。

 

肉体の彼との間で、

もう一度確認していることがある。

なんども、つかんでは、離す。

 

今回の試練ともいうべき出来事は、

そこまで私はブレずに、

比較的軽く超えられた。

揺れはあったけど、

震度1か2くらい。

嫉妬ミッションの時は、

死ぬかもというほどの、

震度7とかを感じていた。

 

私へ、予言をくれた人の言葉が、

今実現しようとしている。

 

完全に、私に融合したら、

どうなるんだろう。

 

loversの夢を見た日から

ちょうど丸2年。

その日はやってくる。

逆回転で私の時は戻る。

 

彼が、私に言った、引っかかっていた

同じ言葉を私も思った。

最初に彼に誘われて飲みに言った時と、

同じメンツのシチュエーションにも戻った。

あの時の、彼の心を追体験する。

これを、私は闇を祓う。

そこにどっぷり浸かればわからないこと。

 

視点を高く持つ時、

闇を切り裂き、

その先の光を見つめることができる。

闇の祓い方を学んだから、

どこまでも、私の心を浄化する。

相手の思うことが、

私の心に上がる。

諦めや、幸せにできないというのは、

どちらの気持ちなのか?

 

まだ、彼と出会う前。

彼が用意したシチュエーションで、

出会った夫婦とも、話す日が決まった。

 

新しい芽が、芽吹こうとしている。

ゲートが開く

今日は、始まりの日。

 

そう感じませんか?

段階的に来ていた、

始まりの中の、

一番物質に近いところの始まり。

準備してきた、具現化の始まり。

 

たくさんの、ライトワーカーが、

この開くエネルギーの支援をしています。

 

呼びかけを聞いてください。

 

意識だけでなく、

身体を使うこと。

 

身体と意識はセットです。

 

イメージと、行動はセットです。

 

自分がやりたかったこと、

そういったものに進むこと。

 

自己卑下に象徴される、

ネガティブを解放させて、

スペースを空ける。

内なる争いを終わらせる。

 

ハートが開くと、

静寂が訪れ、感謝に溢れる。

 

 

 

 

体で体験するフェーズが始まる。

 

そう、月が言っていた。

 

そのチカラを地球のために使いなさい。

 

楽しいことをやりなさい。

 

そう、男性高次存在が言っていた。

 

レインボー色のマカバ。

新しい芽が生まれるのだ。

課題をクリアする

出会っていると、

自分と向き合い、

相手と向き合い、

周りの人と向き合い、

その中で感じる様々な感情を解放して、

ネガティブな要素を昇華して、

今起きてる出来事に、

逃げるでもなく、

無理するでもなく、

正直に、素直に、取り組んでいく。

そもそもそういう状況になるのです。

あがらえないほどの流れがくる。

自分の考えや希望は超越します。

そこに反すれば反するほど、

破壊的な出来事が起こりませんか?

 

わたしには課題があって、

それは、彼が全部クリアしてきたことなんだってわかる。

人生最大のピンチとも言える状況での、

自分の精神の静寂をみつめる。

ピンチと思う状況は、

わたしをその道を歩かせたよ。

ギフトだったんだって。

 

信じる力。

弱さを出して頼ること。

わたしの道に、

動き出しているのがはっきりわかる。

他のものは、

閉ざされていき、

ゼロからの創造となった。

でも、この創造は、彼との出会いから

大きく変わったわたしのすべてが

土台となり、注ぎ込まれている。

 

 

やっと、その課題に正面から、

取り組めるわたしになった。

それはなぜか?

 

ネガティブを解消して、

彼との魂の融合があり、

わたしに彼の要素が入って、

それを実行できるだけのものが

土台としてできたから。

 

びっくりするほど、

同じことをたどっていて、

彼が先をいってるのがわかる。

そのタイムラグは、約15年。

そうやって思うと、私の人生での大きな挫折の時期と重なる。

あの時やり残したこと。

 

チェイサーが待つって言われるけど、

違う。見た目はそうだ。

でも裏の世界では、

相手が私の成長を待ってる。

 

わたしの人生最大の課題に、

取り組んでるよ。今。

でも、恐れはない。

あんなに怖かったことが、

今はひとつも怖くない。

 

今日、南の島の夫婦の旦那さんから、

フィードバックをもらった。

 

わたしの身体にある、

エネルギーを見てのこと。

 

レインボー色の六芒星

青と赤の左回りと右回りの

蛇がとぐろをまくエネルギー。

融合を見てくれた人がいる。

 

わたしは、人の話を聞く中で、

相手を認めている。

でも足りないものも、感じる。

どうしようもない違和感が湧いてくる。

だから、それは伝える。

それを伝えて、

どれだけの人が素直に聞くと思いますか?

 

自分を信じることって、

その時、自分が選んだことも、

信じるってことでもあるのです。

 

わかりますか?

 

でも。

だって。

 

こうだったんです。

 

誰々さんはこう言いました。

あそこにはこう書いてましたから

そうなんですよね?

 

わたしにはこんな直感があるんです!

 

こんなことを、言わはります。

それで、変わりましたか?

 

わたしは少しでも、その相手と、

近づい欲しいと思っています。

 

目の前に来るメッセージは、

今、必要なものでもあるんです。

わたしが、

くくり姫からもらったメッセージは、

すべての出来事に神は宿るです。

 

その瞬間に、大切に向き合えてますか?

あなたにとって、嫌なことが、

必要な時もあるのです。

 

違和感には2種類あります。

 

コンフォートゾーンにとどまらせる、

エゴの抵抗と、

そっちではない、ということ。

 

見極めましょうね。

 

言葉や知識のスピリチュアルに

迷う時間があるなら、

1つでも実践してください。

知識で、そういってるからそうなんだとしか思えないなら、対話をしてください。

自分との対話もそうだけど、

目の前に現れた人との対話も、

自分との対話です。

 

魂は永遠の光。

でも、この世界の時間は有限です。

与えられた時間を大切に。

時間の深い気づきが起こると、

それすらも愛おしいです。

 

今のわたしの現実は、

毎日、雪崩のように、69という数字が現れています。

そして、「世界」という言葉が出現し始めています。

 

 

 

 

エネルギーの変容と現実

にゃんども、書いてるけど、

エネルギーの変容は、

現実に反映されます。

 

カルマを解放して、変容がされると、

外見や声が変わります。

自分よりも周りが気がつきます。

 

嵐のように、

現実が変わり続け、

次々とカルマの課題が現れ、

浄化の波が起こり、

エネルギーの融合と現実は、

交互に交替のように現れ、

手放して完了した、

古いパターンの現実は、

崩壊を見せます。エネルギー場が解体するかのように。

 

その現実での自分の努力が、

宇宙の法則を、

カラダに叩き込まれることとなる。

 

ひとつ終わると、祝福がなされる。

はっきりと分かりやすく、

サインが訪れます。

そしていつしか、反転が起こる。

陰陽太極図。

陰極まれば陽と転ず。

陰の極みは、死まで行き、

生と死は表裏一体なのだとわかる。

 

現実の変容は、具体的には、

住まいが変わる、

仕事が変わる、人間関係が変わる

様々なことが起こる。

それと並行して、エネルギー的な

ことも毎日起こるので、キツイんです。

 

素直になること

浄化すること

身の回りに起こることは、

鏡の法則で、自分に返してみること。

 

苦手なことを克服していくことは、

対極にある、彼を受け入れることにもつながります。

 

融合すると、

相手と自分は同じだとわかる。

相手の持っていたものを

自分もできるようになっているし、

より理解ができるようになります。

 

おなじできごと。

おなじきもち。

 

ツインと言われるような

相手と一緒にいることは、

宇宙に委ねることと同じ。

 

なんの保証もないけれど、

目に見えないけれど、

信じて飛び込めるのかって、

なんども聞かれる。

それは、己を信じる

ことともイコールです。

直感を信じて、行動して、

そこで起こることもぜんぶ、

受け入れるのかってこと。

目の前に今起こっていることに、

全力で向き合う。

今を生きる。

 

そこに、光の柱が立つ。

信じることは愛だから。

愛とは認めること。

愛は光だから。

光は命だから。

 

みんな光の体を持っている。

 

これだけ具体的なエピソードを踏まえて、情報を開示しても、ノウハウコレクターをしてては、同じところをめぐる。

コーヒー一杯の金額でも、

払って見てくれてる人は、

意気込みが違う。

「勉強」しても、行動しなかったら、

変わらないの。物質世界だから。

 

カルマとは、苦手なところに鍵がある。

否定したいものに、

じぶんのこだわりや思い込みがある。

両極を経験することで、

ひとつ上の段階、視点へ進むのだから。

 

これは真に経験して、

体当たりで奮闘してる人は、

みんな同じことを発信してるよ。

ツインに限らず、

アセンションの道を行く仲間たち。

 

せっかく出会ったんなら、

最高に自由な自分になるまで、

やろうよ。

私と相手が繋がっていて、

影響を与えるのなら、

自分ががんじがらめなら、

相手も何かにがんじがらめよね。

 

それを手にした時、

きっと見える世界は変わる。

 

相手の魂は、

最初から、こう言ってるよね。

 

笑ってって。

四つ葉のクローバー

書くって、いいね。

 

さっき、noteへエピソードの更新をしてて、

新しく気がついたことがあった。

 

それで、もう一つ、

プレゼントをもらった。

彼から。笑

本人から。

わたし宛だったみたい。

バカみたい。

不安になることはなかった。

 

本人は、意識してないけれど、

そこに隠れていた言葉は、

彼たまがいつも言ってたことと、

同じものだった。

 

今、わたしが通う場所は、

これも気がついたんだけど、

彼の名前が入っているのです。

 

それから、予感がしていることがある。

それは明日。

 

昨日と今日と、

わたしがタブーにしてきたことを

やらないといけない流れで、

わたしの枠はどんどん外れてる。

 

彼と同じことをやってて、

ある流れで

あっちが軽くなってるから、

わたしがどんなにしても取れなかった

わたしの肩の重みもよくなってきてる。

 

本人からもらったプレゼント、

気がつけてよかった。