I Love Serendipity.

私のツイン体験記

オーダーが、実現するのは早い!

色々な出来事が起こって、

それに悩む時、殿たまと話すことも増えました。

 

人良く色々なことを、有形無形、

惜しみなく出してたけど、

私が苦しくなってきていて、

それも、殿たまと話しました。

 

放っておけと言う。

じぶんの心だけをみて。

やりたかったらやればいいし、

やならやめればいい。

それは本当にやりたいの?

本当のnatsuをみせて。

 

この辺は、彼本人と、リンクする。

そして、なんだか極端かもって思う。

私はむしろそういうことを、

もっと自分に取り入れた方が良いし、

彼はもう少し、人と分かち合うを取り入れた方がバランスが良い気がする。

半分ならちょうど良いのにね。

なるほど。だから補完関係なのか。

 

弱さを出せるのは、本当は強いから。

その弱さすらも認めているから。

弱さを出せなかったり、隠すのは、

認めてないからかもしれません。

 

言葉より、行動。実践。

行動を変えないと、本当の意味で

落とし込めないなって思う。

これに尽きると思う、今日この頃。

 

(いいわいいわで、優しい気持ちで受けていたことも、断りました。

私にとって大きなことを、私も相手に頼んだが、言葉では耳障りの良いことを言って、本心は違うのを感じ取っていたので、鏡になろうと思ったのです。

その人にとって大きなことを断った。

どうしても受けたくなくなった。

断ったその日の夜、目を瞑ると赤い炎が揺らめくのが見えた。

怒りは赤い炎に見えるのだと思った。

でも、今は、こういうものを「受けない」と決めている。

持ち主に、帰りなさい。

これは彼に教えてもらった方法でもある。しっかりできるようになりたい)

 

私はじぶんを満たすことをしていきたい。

だってそれが今の私だもん。

で、苦しくて枯渇していたので、

私は私を認めてくれる言葉とか欲しい!

感謝の言葉が欲しい!

って素直に思いました。

 

すると、翌日に、

3ヶ月くらい前、私がお話した人たちから、感謝の言葉を伝えてもらう機会がたくさん来ました。

 

受け取りブロックしてたわ〜と思って、素直に循環されないと苦しい!!って、

会った時に友人に言って良かったと思いました。 

受け止めてくれた人は、3ヶ月前よりも、進化してる人たちだった。

 

最近思うのは、思うとそれはすぐに来るということ。

ひとつ経験して、ひとつ完了したと思うこと。

 

また(笑)生まれ直すかのような、

時間を過ごしているなと思います。

 

 

サナンダとマリア(戯言よ♬)

夢に見た場所に重なるビジョンの、

くるくるの2人の名前は、

サナンダとマリアだそうだ。

 

私が夢でみた樹の名前は、龍神木。

湖があり、そのほとりに立つ巨大な巨木。

生命の樹世界樹を暗示させる。

そのマリアさまと殿たま曰く、

魂が生まれる場所だとか。

 

この巨木は、イチイの木にそっくりで、夢の話をした時に、ヒーラーさんから、教えていただいた地名があった。

アーサー王伝説の残るイギリスのパワースポット。

写真を見ると、ここではないと思うが、森の感じは似てるし、ヨーロッパの森だと思う。

続けて調べていると、

そこの近くにある、赤い泉のあるガーデン入り口に立つイチイの木の写真を見て、この木だと思う。

龍神木は、樹齢が長いイチイの樹とそっくりだった。

 

へぇ。イチイって言うんだ…。

 

この場所は、赤い泉の他に、白い泉もあって、男性性と女性性の融合の場所なのだとか。

 

男性がサナンダ

女性がマリア

 

私の見る、ハイヤーさんの金の女性は、マリア。

正確には、その姿を見た時、名前を聞いても名乗らなかったが、わかるというのか、ピンと浮かび、マリアさまでしょう?と聞くと微笑んだ。

シリウスから来たと、話す。

その後、男性の方はなんて名前なんだろう?と聞いていたら、サナンダ、と一言帰ってきた。

 

…ほんまかいな(笑)

 

そこで、調べて見るとこんな説があった。

シリウスは2連星である。

シリウスAとシリウスBの2連星。

 

シリウスAは日本の神様名では菊理姫

古代キリスト教では聖母マリア

 

シリウスBは日本の神様名では瀬織津姫

古代キリストでは、マグダラのマリア

 

菊理姫の夫は、アメノミナカヌシ。

瀬織津姫の夫は、アマテル。

アマテルは、アマテラスは本当は男性神とのことで、瀬織津姫の夫だという。

歴史によって、このことは封印されたとか。

菊理姫も瀬織津姫も、龍だと言う。

菊理姫は九頭龍

瀬織津姫は白龍

 

そして、どちらも十一面観世音菩薩。

 

私は以前、修験道真言密教)をする人に、十一面観音に縁があるとして、ある観音様のところに連れていかれたことがある。

偶然にも、通った出身大学のすぐ近くだった。そして、その大学は、クリスチャンであり、祖母が通っていた日曜学校のマイナーな宗派が開いた大学だった。

…入学してから知るww

 

菊理姫の御神体と言われる白山にも縁をいただき、何度も行くことになった。

登山なんて興味なかったのに。

白山に行った時は、白山の麓に住む方に連れていかれる形で、白山ひめ神社を麓、中宮、奥宮まで行くことになる。

結局、全部参拝することになった。

その帰り、これも連れていかれる形で、九頭竜川を経由して帰ることとなる。

 

箱根、九頭龍神社に初めて行った時は、ものすごい土砂降り雨で、帰り道、山の上から突風がふきおろしてきて、龍はいると思った。

江ノ島江島神社では、鳥居をくぐった途端、雨が降り始め、歓迎してくれた。

江島神社にはいたるところに三角が描かれていますが、上と下の三角を合わせると、六芒星になる。

六芒星は、シリウスなんだって。

これって何か関連があるのかしら?

 

サナンダは、キリスト意識と言われてるそう。

シリウスの太陽神人だそうだ。

 

何気に繋がってるのが、キモい(^^;)

 

 金の女性に、なんで地球に来たのか?と聞くと、

私たちの世界では、エネルギーで、波動で見るから、本当がわからないなんてありえない。本当の相手が誰かわからないということもありえない。本当の相手としか、交わらない。だから、身体を体験してみたかったのと、その中で、地球の波動を上げることは私たちには簡単にできると思ったけど、予想以上に時間がかかった、そうだ。

 

 

 

★第59話★シリウス

金色の女性が私のハイヤーさんみたいです。

 

前から同じシルエットを見てたんだけど、色が違います。変わった。

前は白っぽくて、透明に近かったのに、

今は、金に光り輝いていました。

 

髪が長くて、ゆるく波打っている。

顔はハッキリは見えないの。

 

その後も、話してみようと、

何度か意識を向けてみる。

 

彼女との会話。

 

シリウスから来た」

 

「あの場所は、魂が生まれる場所のひとつ」

 

へ?シリウス

しつこいけど、私、スピリチュアル系知識、かなり無知なんです。

ま、それはいいんだって思ってます。

知らなくても、後で起こったことを話すと、教えてくれる人が出てくるし。

先入観なしの方が、純粋に体験が先くるしね。

 

シリウスは、名前は知ってるけど、

詳しくはわかりません。

宇宙人の話は聞くけど、あまり興味がなくて積極的に知ろうとは思っていませんでした。

 

で、調べてみました。

シリウスって、2連星なんですね。

双子星。

 

彼女の名前は、調べて見たら、

シリウスの女神との繋がりがあるそうです。

シリウスの人は、金色の光をまとっているとか。

ヘェ〜。

 

殿たまも、彼女も、金色の光をまとっています。

昨年から縁を得て、何度も行くことになったお山とも、彼女の名前は繋がっていました。

呼ばれるときの特徴で、行こうと思っていなかったのに、縁ができて何度も行くことになる場所。

愕然とする。

これもパーツのひとつだったのか。

 

今住む場所も、繋がりました。

海の近く。弁天と龍神が祀られている。

 

昨年、私の直感で行った、きっかけの言葉をくれたお世話になったセラピストさんの所属サロンの名前もシリウス(笑)

 

シリウスって、海に縁があるらしいですが、私は、生まれた時からとても海と島に縁があります。親の出身地。親戚たちの生業や、行くことになる場所、趣味もそうだった。海と、島。

南…。

 

10年来、じぶんのパスワードに使っている固有名詞があって、それも2連星の名前でした。

 

挙げればきりがないくらい、

そんなサインばっかりです。

おもしろいね。

 

 

★第58話★ありがとう

揺さぶりの言葉も、

出来事も、

波が立ってそこから

真実を拾って落ち着けば、

残るものはいつも同じ。

 

その言葉を投げかけて来た

ソウルメイトたちにも、

感謝の気持ちが湧いてきます。

 

揺さぶりの言葉で、

気づかせてくれてありがとう。

よりじぶんの思いにたどり着けました。

じぶんを信じようって思えた。

 

彼にまつわる、

いろんな関係の人にも、

感謝の気持ちが湧いて来ました。

ちょっと前まで、嫉妬したりしてたのに(笑) 

 

ありがとう。

 

彼に対しても、

あなたを裁くものは、どこにもいない。

彼女たちはソウルメイトだよ。

そう約束して来た。

一緒に彼女たちに感謝しよう。

ぜんぶ、ゆるそう。

じぶんを信じて。

開いて来ている心を信じて。

これまでのすべての出会いに、

ありがとうって言おう。

古い痛みは全部脱ぎ捨てて、新しい次元に行こう。

 

これって、

結局私自身に言う言葉なんですよね。

 

この時、私にわかるように、

YESならこのサインを送ってと、

オーダーしていたサインがあって、

それが、

何度も何度もやってくるのでした。

 

私のハートからは、

あふれてくる温かさがたくさんあって、

それを感じていたら、

私の金色のハイヤーセルフさんと、

いきなり繋がりました。

 

名前もなんとなくわかった。

 あの湖のほとりで、くるくるしてた彼女。

 

「やっと認めましたね。

理解しましたね。」

はい。

 

「あとは流れに任せなさい。」

 

「あの場所はエネルギーラインで、

魂が生まれる場所。」

 

「必要なメッセージは、人の言葉を介して

伝わっていたでしょう?」

 

「地球以外の星から来たのよ。

これからそのことを、知ってゆくでしょう。」

 

その日は、そう言っていた。 

… ほんまかいな(笑)

 

ありがとうと心から感じて、

歩いていると、

ハートに相手のエネルギーが流れ込んでくる。

風船みたいに膨らむ。

 

なんて言われようが、

ハートにグイグイ入ってくるものがあるんだよ。

これは、魂、エネルギーのつながりなんだけどね。

見えないけどね。

 

女性側のハートが開くとね、

男性はそのハートに入り込みたくなるみたいだよ(^^)笑

試してみてください♬

 

エネルギーの変容について

距離が縮まると、

相手のエネルギーが変わる。

 

エネルギーの距離は、私の中の過去世の傷を超えて、彼と近づくとき、縮まってます。

古いパターンを脱ぎ捨てる感じです。

今日もそれがありました。

ヒーラーさんが読み解いてくれた、

傷となっているパターンがわかったので、ザワザワするけど、それをぐっと超えたのです。

彼との会話で感じる、感情が変わります。

強くて激しいものは、解放させてあげるとなくなります。

すると、相手から感じるエネルギーの感覚が、変わってゆきます。

それは、想念とは明らかに違います。

 

エネルギーが読める人曰く、

今は、2人のエネルギーはとても似ていると。

 

殿たまとのエピソードを話すと、

ヒーラーさんも、お友達も、

優しいねって感心する。

私より周りが感動します。

 

たしかに、殿たまは、

とっても優しいです。

 

高次元の存在というものの、

懐の広さ、優しさ、温かさ、ユーモア、

そんなものを感じます。

私は今は、彼らの次元には、

ほんとうに喜びしかないんじゃないかと、思っています。

 

無理は言わない。

命令もしない。

怒らない。

責めない。

変えようとせず、

尊重もしてくれます。

見えないバリアで守ってもくれてる。

 

殿たまのように、じぶんと接しられたり、人と接することができたら、

本当に調和の世界だなって思います。

 

だから、浄化すると、

ぼくともっと同化するよ、、なのかな。

 

守護霊ではないけど、

生まれた時から、

私のこと見てたと言うわけ。

 

難しいことは、幼稚園児にでも話すかのように、簡単な言葉で伝えてくれます。

 

簡単すぎて、その時は意味不明なんですけど、

ちょっと先のヒントを伝えてくれているんです。

あとでその意味がわかります。

 

殿たまの言う通りなんです。

見えない世界の仕組みみたいなものも、

端的に伝えてくれているんですね。

 

前に言っていたこと。

「エネルギーが変わるまで待って」

きっとこのことだったのだろうけど、

上の言葉だけじゃわかんないよ(^^;)

 

 

 

 

★第57話★ソウルメイトたちとの統合

何かの拍子にヒリヒリとなるハート。

 

これも、後で落ち着くと、

じぶんの癒すべきものの浮き彫りの現象なんだって気がつくのです。

 

今、私の周りにいる知人、友人。

 

その人たちから、ふいに言われることで、

大きく傷つくことがあります。

 

たとえば、、

エネルギーだけじゃなくて肉体も求めてねとか。

(そうしようと思ってそうなってるわけではないっていう前提で、私のことを思ってくれてるのかもしれないけど、エネルギーだけなんておかしいとか、かわいそうと言っているかのように聞こえる。なぜ、自分にこんなことが起こるのか、私の方が知りたい。思考が現実化するって言っても、当てはまらないことはあるのです。そして…これは完全に蛇足ですが、魂のまぐわいは肉体以上と言う人もいます。)

 

相手がいないとパートナーではないとか。(時空を超えたパートナーシップはやってても、周囲の人には認識できない。見せることはできない。)

 

前世から思うなんて、ストーカーみたいだもあったっけ。(癒しの一部だからね。たぶん、仕掛けです。前世が出て来るのは仕方ないし、相手に押し付けたらそうなるけど。でも、輪廻転生を実感して知ると、深く感謝の念も湧いてきます。)

 

あとは気遣う言葉の、大変だねって言葉。

 

この時、私は心が揺れます。

 

ずっきんと痛みます。

 

最初は怒りすら感じたんですけど、

見つめて見つめていくと、

どこかで、私自身が、

肉体での2人一緒はないんじゃないか…

とか、

周囲のカップルと比べて、私の自己顕示欲が刺激されて、劣っているんじゃないかとか、

前世とかを思い出すことに対して、異端感があってとか、思い続けることなんかも悪いことなんじゃとか、

わかってもらえないんだなとか、

そんな、ずっきんと思う種を、

まだじぶんが持っていたことに気がつきました。

 

前に融合の経験をして終わりではなくて、

小さなことから大きなことまで、

浮き彫りに、浮き彫りになってきてます。

それを浮き彫りにするための、出来事か…。

 

その度に、抱きしめる。

じぶんを。

ゆるします。

怒りを持ったじぶんも、

ずっきんとなったじぶんも。

認めて欲しいと思うじぶんも。

理解してほしいと思うじぶんも。

疑って、いじけたじぶんも。

孤独になったじぶんも。

 

そして、殿たまと話します。

そしてまた、原点に立ち返る。

ただただある、再会の喜び、

魂から感じる愛の強さ、温かさ。

私の純粋な素直な想い。

痛みの先に、私が本当はどうありたかったのか。

 

痛みの反対側見ると、理解されたいって気持ちがあります。

そして、結局、なんて言われても、

私は今は、この人(っていうか、この魂)がいいんです。

 

だったら、素直に純粋に、

その気持ちだけを感じればいいなって思うのでした。

 

それを丁寧にやっていくと、急に理解しました。

 

殿たまが以前言った言葉。

 

「光の柱を立てて」

あの言葉は、このことだったんだね。

この土台ができると、柱が立つんだ。

 他ではない、じぶんの心をみてゆくこと。

 

「離れるものは離れるに任せて、

じぶんの心だけを見て」

 

 

 

 

私に甘いな(笑)

なんだか、自分の浄化が苦しすぎて、

癒されよう、ショートカットしようとしてますます路頭に迷っていたこの1週間でした(^^;)

 

アホや。

このアホっぷり、いつも制限かけちゃってやってなかったなぁ〜と思って、

やりたかったと言うのもあります。

 

その中でも、結局やるようにきていることは変わらずなので、

はぁー仕方ないなって思っているところです。

地道な道しかなさそう…。

それで、それが多分、私の次の世界への、最短の道なんだろうと思う。

 

でも、浄化は疲れちゃったし〜。

アップダウン激しいから、くじけそうだし〜。

私せっかちだから、

結果ってすぐ欲しいわけ〜って。

思ってました。

 

よし、ここは殿たまに甘えよう。

殿たまに頼ろう。

 

ねえねえ殿たま。

疲れてくじけそうだから、私にわかるように

メッセージでも、画像でもなんでも良いからわからせてって、昨日お願いしました。

 

次の日の朝、駅のホームに入る前の電子広告板にふと目が行くと、

「離れていてもいつも見守っている」

と飛び込んできました。

おお!!なんかこれいい〜!

 

そして、夕方には、お友達からメッセージがきて、そこには、彼と偶然遭遇したと、写真が送られてきました。

 

メッセージも、画像も、

どっちもきたよ!

 

殿たまは、私に甘いな〜(^^)

繋がってるんだなって思う出来事でした。笑

 

この遊び、楽しい(*´艸`*)