I Love Serendipity.

私のツイン体験記

★第6話★夢の話

初めてその人に出会ってから、

度々夢を見ています。

 

彼が夢に現れる。

現れると、現実で実際会うということを繰り返してました。

だから、きっと縁があるんだろうなぁと思っていたわけです。

 

現れるたびに夢の中の距離が近くなる。

 

前は少し離れた位置。

 

だんだん近くなって、隣にいたり。

 

夢の種類はいろいろあるけど、

会いにきてるように感じてました。

 

そして、

11/11の深夜に夢を見てます。

満面の笑みの彼。

その笑顔は、私の脳裏に浮かぶ殿の笑顔と同じ。

 

ただ隣に座っていた夢から、

抱きかかえられている。

まるで恋人みたい⁉︎

もう一歩進んだ夢になっていて、

うわー!っと目が覚めてます。

 

???私の願望⁉︎

いや、違うなぁ。と。

 

これはのちの伏線になるんです。。