I Love Serendipity.

私のツイン体験記

★第9話★ソウルメイトという言葉を知る

そもそも、スピリチュアルな知識がほとんどない私。

 

ソウルメイトって言葉も知らず、

前世とか過去世とかもよく分からなかったけど、

体験をして、それがなんなのかを知りたくて、いろいろ調べてました。

 

その中で出会ったのが、

ブライアン・ワイス博士の

『魂の伴侶 ソウルメイト』という本。

 

前世療法の権威と言われている博士ですが、催眠を使って、どんどん古い記憶に退行させていくという方法みたいです。

 

その本の内容は、

何度も生まれ変わりの中で、

縁が深い男女が、もう一度巡り会うという内容で、

博士の臨床のクライアントさんたちの

証言も織り交ぜながら、退行催眠のことが書かれています。

 

私はこの本、読み進めるのが大変でした。

 

なぜか?

 

涙が溢れて溢れて仕方なかったのです。

 

1文読むごと、1章読むごと、自分の体験とオーバーラップする。

悲しいわけでもないのに涙が出る。

 

本に書かれている瞳の記憶。

時間の流れ方が変わること。

映画のようなビジョン。

この感じは、よくわかる。

私と同じだ。

 

マスター達の言葉。

その通りだ。

 

守護天使が、自分の赤ちゃんになって生まれてくる女性の話。

 

そうか。

私と彼は、過去世で一緒だったんだ。

この感覚を解説してくれているのが、

とてもありがたかったです。

 

理解できるって、救われる。

 

あの人とは、ソウルメイトだったんだ。

でも、ソウルメイトってなんだろう?

 もっと知りたくなりました。