読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Love Serendipity.

私のツイン体験記

★第12話★夢の話2 -分離期間開始?

私が、彼の近くに住むことになってから見た夢。

 

それまではどんどん距離が縮まる夢だった。

 

その日夢に登場した彼は、

少し離れたところから私を見て、

そのあと背を向けて向こうへ行ってしまう。

 

あ!行ってしまう!

そう背中を見る私。

 

そこで目が覚めました。

なんとなくやな予感。

距離が離れるのかなって思いました。

 

そう感じたけれど、現実は、

その日も顔を合わせました。

斜め後ろから彼を見る位置。

 

「いつもこの距離だな」と、思う私。

そう。いつもこの距離。

「隣ではない」位置。

お話ししてると、魂は喜んでいる。

一緒にいれることがとにかく嬉しい。

 

「隣でない」が、この後紐解かれていきます。

 

夢はいつも、暗示している。

まるで彼の魂が、会いにきているかのようです。