読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Love Serendipity.

私のツイン体験記

★第14話★ツインソウルというものを知る

いろいろブログとか調べていくうちに、

ソウルメイトにはいろんな種類があることを知りました。

 

ソウルメイト

ツインソウル

ツインレイ

ツインフレーム

などなど。

 

わ、わかんないな〜。

こんなにいっぱいあるの?

どうやって証明するの?判断するの?

そう思いました。

 

でも、その特徴を見ていくと、

ツインソウルとか、ツインレイの体験者の人が発信しているものに

とても似ているなって思いました。

つまり、ひとつの魂が男女に分かれた、1対1の関係というものです。

 

この時はまだですが、

理解が進み当てはまる特徴を

書き出してみます。

 

⑴異次元体験をすること。

ワンネス体験。魂に羽が生えるような感覚。エネルギーが繋がる。

 

⑵魂が大好きという感覚。

恋愛とは違う。

 

⑶社会的な立場は真反対。

 

⑷テレパシーの交流がある。

性的エネルギー交流がある。

 

⑸手が似ている。

とか雰囲気が似ている。

 

⑹シンクロが頻発する。

が故に、普通の関係ではないと気づく。

 

⑺性格は真反対か同じような性質。

根底に持つ性質は同じ。

 

⑻男女の役割がはっきりしている。

 

⑼カルマの解放。

 

⑽魂の引力を感じる。自分を超越した導き。磁力。

などなど。

 

この頃から、ツインソウルって何?と、

また調べ始めます。

 

ツインソウルとは、元はひとつの魂で、

たくさんの経験をするために、

男性エネルギーと女性エネルギーに分かれた、魂の片割れであり、唯一無二の存在。

と、言われています。

私に急に浮かんだ言葉ともリンクする。

 

なんとなく気がついたんですが、

同じ時期に異様に2525という数字と

1111をみはじめてます。

 

ツインソウルのことが書かれているサイトで、

ツインソウルを示すナンバーだと知ります。

 

そして、私にとって、そういう認識になりました。

 

これが、のちの自分にとってのサインとなります。