読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Love Serendipity.

私のツイン体験記

光と闇について

最近、光と闇について考えてしまうことを、体験してます。

 

以前、あなたのエネルギーは自分で思っているよりも大きいので、

光も闇もどちらの力も使えるから、

もっと自分をよく知って、どうしたいのか考えた方が良いですよと、

ヒーラーさんに言われました。

 

うーん。どういうことなんだろう?と、

考えていて、自分の持つ能力を知るために、あえて避けていた

スピリチュアルパワー解禁の意図を持つことになりました。

 

スピリチュアルをちゃんと誰かに学ぶ人は、

闇を嫌うことを言います。

光を・・・と言います。それは正しいと思います。

でも光り輝くものが、闇から入った魔にさらわれ、

禍々しいものに堕ちるのを何度も見ました。

ちょっとの間で、とても黒いものを持っているのです。

素晴らしい能力があって、光を目指していてもそうなるのです。

霊的な世界に近づくほど、感応する力は増して、そのリスクは高まると思います。

無菌状態では、対抗できないと思うのです。

 

私は特定の師を持っていません。

体系的に学んだこともありません。

 

そんな私が思うこと。

 

人である以上、闇は完全にはなくせません。

だから闇を知る必要があると思うのです。

排除するのではなく、闇とつき合う方法を学ぶのです。

どっちも、私。

闇とは、嫉妬、恐れ、怒り、悲しみ、孤独、劣等感そんなものも含みます。

これを100%持たない人間など、いないのです。

 

闇は悪いものではなく、闇に魔が入るとそれは恐ろしいものになります。

退けるものは、魔なのだと思います。

 

じゃあ魔とは何だろう?

今思うのは、闇にとどまらせようとする力、存在かな。

闇を糧にしているものたち。

 

ちょっと前に、なんだか体の中に重いものがずっとあって、

目にすることになった、「闇の存在を退ける言葉」というのを言ってみました。

すると、足の下から鳥肌のようなゾワゾワが立ち上って来て、上半身から抜けました。

その重いものは、スッキリ無くなってました。

おぉ〜。この言葉は効果あるんだと思って、おや?と思うと言うようにしています。

 

光が強くなるほど、魔はやってくると思います。

それだけ落とせば強い力になるから。

 

無菌ではなく、闇を知り、

異変に気付き、心を光に戻す方法を持って行くことが大切だと、私も今、

心から気をつけています(^-^)

 

May the force be with you!

フォースとともにあらんことを!