読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Love Serendipity.

私のツイン体験記

夢にみるもの 怖いものは黒く見える

本日は、朝から変なもの見ちゃった。

 

夢を見ていた。

並んでいる人の後ろに立ってて、

その人の列の間を、虫が飛んでいる。

その虫は、前の人の肩にとまった。

黒いカゲロウだ。

どかしてあげようと息を吹きかけると、

そのカゲロウがこっちに向かってきた。

 

あー、避けられない!というところで目がさめる。

 

すると、その向かって来た位置から、

何かの気配が、続きで目が覚めても、

向かって来た。

それは私のあごの下をかすって、

布団にぶつかる。

温かい熱をあごに感じた。

 

ゲ。

なんか感触がした(T_T)

この飛んできたものは良くないものだ、と思う。

悪意みたいなもの。

 

上の壁の方に目を向けると、

半透明の黒い影が上の方に移動して行く。

たくさん足があるムカデのような虫に見える。

それは壁にすっと消えていった。

 

あ〜。やだやだ。

これ、何かの念だわ。

そう思う。

 

殿たまが「守っているから大丈夫だよ」

「入らなかったでしょ」

って言う。

うんうん。ありがとう。

 

入ろうとして、弾かれた感じ。

あったかいものは殿たまかも。

 

こう言う良くないものって、

腰とか首から入る感じがする。

だからそこを狙ってくるのかな。

 

人の欲の念って、おぞましい感覚。

以前、お正月の初詣の時、変なもの踏んじゃって、何かが背骨を伝って登って来た。

その時私は弱っていたので、

簡単に入ってきたんだと思う。

とても、気持ち悪くおぞましい感覚。

ガタガタ震えるほど、ものすごく寒くなる。

この時、近くにいた祓えるおばさまが、

「あらあらあら」って言って、

私の背中をポンポンとやって、祓ってくれた。

なんてラッキー!

めちゃくちゃ綺麗な目をしていて、水を張ったような、鏡のような目でした。

だから私は、目の輝きはとてもよく見ています。

その時々で変わるものですが、

霊能力の使い手でも、目が淀んでいる人はいるからね(笑)

その話を、その手の業界の人(笑)に話したら「ホンモノさん」だって言ってた。

名前も明かさず、お礼も受け取ってもらえず、2度目にあったら本物の縁ねって言って、帰っていかれました。

 

その時は、私のオーラは大きくて良いのだけど、

オーラのキメが粗いって教えてくれました。オーラが大きいと、良いも悪いもいろんなものが寄ってくるらしいです。

それから、簡単な浄化の仕方も教えてくれた。

 

憑依的な時は、多分とても寒くなります。

低体温注意ってそういうことか。

 

この時、人の自分だけ良くなりたい願望は、「おぞましい念の塊」と、学びました。

ナントカ霊なんかより、人の方がよっぽど怖いんじゃないかって思いました。

 

壁に消えた虫は、そのおぞましさにちょっと似てるなぁ。

このあいだの光と闇の話もそうですが、

この怖いやつは、闇を媒介にやってくる気がするな。闇をワープ空間にして具現化する感じ。

 

弾き返せるようになって嬉しい(^-^)

あ、殿たまか(笑)