読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Love Serendipity.

私のツイン体験記

時の番人を読んで

今日の朝は、ちょっと衝撃的だった。

 

子宮系女子(って括りがあるんだね〜。くくるの好きだよね。)の

先駆者の方のブログの記事。

目に止まって読んでみたら、

共感しまくりとなりました。

 

自分と対極にいるような女、と思っていたのに、

最近は彼女のいっていることがとてもよくわかる。

切り口は、子宮(感情)ということと、

ツインソウルやツインレイということで、違うんだけど、真理は同じだった(笑)

 

過去も未来も、時空を超える時には、

その中心には今がある。

 

今がある時は、肉体を使った行為や、

生々しい感情があるんです。

 

それは、距離がなくなるからなの。

 

良いも悪いも、そこには存在しないのです。

ただ在る。
そして、そのぜんぶから私たちは愛されている。

 

自分の晒しっぷりが、素晴らしかった。

きれいごと、ではないよね。

 

私もイカレているから大丈夫。

 

勇敢な人だなと思った。

ファイターだね。

 

彼女のような人には、

癒されていない人からの見えない攻撃は、

すごいだろうと思います。

 

でもあれが、女性の場合の、

男性性と女性性の融合だと思います。

誰よりも女性性全開なのに、

頑固とは違う、

人のことをシャットアウトしているのとも違う、

芯がしっかりしている。

 

自分を好きになるほど、

相手に愛されているって、その通りと思いました。

 

それから、形を超えた愛について、

実践している人でもあった。

 

形がある方が楽なんだよ。

みなくて良いところがたくさんできるから。

自分で自分に証明しなくても、

人に見せることもできるしね。

 

人って弱いから、

自分だけの感覚を信じていくことって、

並大抵ではありません。

 

刺激になる記事だった。

私も最後の観念を、手放そうとしていたから。