I Love Serendipity.

私のツイン体験記

★第66話★陰が陽となって現れる

天使のおかげで、闇が光に転じました。

私はとても楽になりました。

 

闇とは分離。

光とは調和です。

 

私がただ在るという感じで、

素直に彼や殿たまが、好きだなーや、

包み込むような感覚で思っていたら(それが自然なことだから)、

本体さんとずっと一緒にいる時間が、

また唐突に訪れました。

 

陰の見えない世界(私の変化)が、具現化するのを見せつけられているようです。

(うーん。

誤解を恐れずにいうなら、

ハートで彼とのつながりが強くなり、エネルギーをたくさん送られるようになってから、

この具現化のスピードがやたら早くなっている気がします。。それとも世の中の流れ?)

 

その日、午前中から、用事があって、

本体さんと顔を合わせることになりました。

前に感じていた複雑な感情は無くなっていて、やはり過去世の浄化が影響してるんだと思いました。

不思議ですね〜。

同じ人に対する感覚が、

まったく変わるなんて。

丁寧に感情を感じていたら、

彼と対等に向き合えるようになってました。

でもまだ、ちょっと残っているかな。

 

顔を合わせていたけど、

私は彼に合わせるのではなく、

じぶんのやりたいことを優先していました。

これは、いつ来るのかわからないのを待つのが嫌って言う姫の感覚もあるので、解放するために意図的にしました。

そして、あるがままの気持ちを表現するように注意してました。

ごまかさない。

好かれようと、いい顔しない。

だけど、本当に嬉しさや楽しさ、

好意を感じたら、それも素直に表現する。

とことん、じぶんに正直に表現してました。

私は、この人と新しい関係を作りたいからね。

 

ちょっと用事で席を外すことにして、

出かけましたが、私が戻るまで、

まだいてくれるといいなぁと思ってました。

殿たまが、

「大丈夫。いるよ。待ってる」って言うのです。

戻ると、本当にまだいました。

「その後、誘ってくるよ」と言うので、ほんとかな?と思ってたけど、

結局そうなりましたね。

すごいな、殿たま。

 

そして、彼の用事が済んで、

その後に、2人だけでいる時間が

これまた唐突に訪れました。

たわいもない会話をしたり、

無言の時間を楽しんでみたり、

ドキドキとは程遠い、

落ち着く感じのまったり時間〜。

感情は静かなのに、魂、ハートが喜ぶような独特な感覚ですね。

私はこの時間が好きだなぁと、

改めて思いました。

一旦それぞれ用があるので、

別れましたが、その後、猛烈に眠くなりました。

 

その後、誘われて別の人も合流して、

飲みに行くことに。

そこでまた、ちょっと深い話になる。

彼の今世のカルマの話でした。

一言でいうと、女性性にまつわるテーマになると思います。

(ビジネス頑張る!って今はそっちの方向に注力してます。

ま〜。わかりやすいほど、セオリーだねって思いました。

うんうん。ガンバレ〜(^^))

 

私は彼の話を聞いて、私が率直に思うことを伝えました。

それは心に響いたみたい。

ハートですね。そこにズバッと入ったと言ってました。

それに、あ〜、この人がこの人生を送ったから、私は反対にこう言う感じだったんだなと、妙に納得したり。

持っている、性格の課題?のような

似ているところはたくさんあるし、

同じなんじゃないかって思うこともある。

鏡のように真逆のところもあります。

それは人に見える部分で、真逆なんです。

真逆な部分は、きょくたんや。笑

今の私の印象は、持ってる性質は似てるけど経験していることが真逆な気がしています。

 

そして帰り道、唐突に込み上げてきました。

なんでしょう。

どう表現したら良いのでしょう。

 

寂しさ、苦しみが流れ込んできたのかもしれません。

これは今の、今世のカルマに対するもの。

なかなか困難なものを持ってらっしゃる。

同時にウキウキするような嬉しさもね。

本当にこの日は楽しかったんだと思う。

 

私と彼が今、出会う意味。

それは、

お互いを癒し合うためだと思いました。

このカルマがある限り、彼は、私のこともそのままでは見れないだろうなとも思いました。

なぜなら、彼が嫌悪している対象をイメージさせる、そういう特性が私にあるということです。

同時に彼にも、私が嫌悪していることがあるということです。

ここがフラットになるといいよねー。

 

お互いのカルマを解き放つ役割。

そのスイッチを与える役割。

苦しみ、葛藤を終わらせるってことなのかなって思います。

この日は彼が直面しているものを知ることができました。

そして、このことの解放が、おぼろげに見えている、私がこらからありたい状態にいく鍵だってことも、よおくわかりました。

普通に考えたら、困難極まりないです。

それだけで吐きそう(>_<)

 

何度も書きますが、不思議だね。

カルマの相殺も、お互いを傷つけあうような消耗ではないんですね。

苦しさは、解き放たれるときの解放のエネルギーだと思います。

 

魂が交わることは、エネルギーの活性化と、浄化を感じています。

そのパワーがあるから、できる癒しもあるのかな。

 

前からだけど、

私があるがままの素直で純粋な気持ちになると、ことが動く。

葛藤をなくして、ただ好きだから好きなんだって言う状態になると、彼が現れる。

その機会は、いつも唐突に向こうからやってくる。

 

 何度経験しても、

いつも不思議な気分になる。。。