I Love Serendipity.

私のツイン体験記

待つ時にやること

今日は書きたくなったことで、

シェアしますね。

 

ツインでもツインじゃなくても、

アセンションプロセスでは、

役にたつかなって思います。

今、実践している方も多いかな。

そしてこれは、いろんなことが好転して行くひとつと、確信持てました。

目の前に繰り広げられることを見ていて(*^^*)

 

私は彼と私の間の出来事を通じて、

見える世界と見えない世界の連動を見せてもらってます。

またそれは本筋で書くので、

そちらを見てくださいませ。

 

では、プロセスの待つ時にやること。

女性の持つエネルギーは待つとか、

受け入れる、そして引き寄せ、

磁力のエネルギーです。

じぶんで行動、アタック、具現化して行くのは、男性エネルギーです。

じぶんの中にも男性女性、両方あると思います。

でもね。やっぱり男性身体であれば男性のエネルギーが強いと思うし、女性身体であれば女性のエネルギーが強いと思います。

 

この女性エネルギーが、

いい形で作動するには、

やはりじぶんの中のネガティブを減らして行くこと。

「知り」「認め」「昇華」「スッキリ」

というところまで行けて、完了だと思います。

ネガティヴとは、恐れ、怒り、悲しみ、憎しみ、無価値観、孤独感などです。

ネガティヴかない人はいません。

なぜなら、それを昇華するってことが、

成長だからなんだなって、気が付きました。

癒しのプロセスが、魂の成長です。

 

そして、じぶんが扱えるネガティヴな感情や出来事は、たとえ奥深くにあっても、受け止められるじぶんに成長していれば、思い出せます。

(霊的感度が高い人は、過去世や集合意識にもアクセスすることになるかもしれません)

だから目の前に起こったこと、出来事、感情を扱えってことなんです。

 

何度も言いますが、苦しいのは、

その感情が浮上して解放されているからなんです。

ただの残像です。

「今」この瞬間にはないのです。

とのたまが言ったこと、

チャネリングメッセージでもらったこと、

その高次存在達のいうことが、

その意味が、その法則が、

真の意味で腑に落ちて来ました。

感覚がつかめて来たというのかな。

 

そして、このネガティヴがなければ、

彼とはもともと仲良しなんです。

(じつは彼だけじゃなくて全員と)

最初から。

ずーーーっと。

みなさんも。

だからツイン神話に囚われなくていいのです。

 

まだ出来事や思いが強烈すぎて、

受け止められないってものは、

おそらく思い出せません。

それまではひたすら自己肯定を、

頑張るといいかなって思う。

受け止められるじぶんに成長するまで。

 

とことんじぶんを可愛がり、

愛し(認め)、

無視せず願いを叶えてあげて、

心底大切な存在だと思うことです。

体も心も、宇宙一大切な相手です。

彼たまに思うようにね(*^^*)

 

ただ待つから、同じどうどうを繰り返すのです。

楽しいと思うことをやっているだけでは、ちょっと違う(*^^*)

私はこう思います。

ネガティヴがなくなって浄化された私は、楽しいと思うことも変わるのだろうって。

 

堂々巡りは、気がついて欲しくて。

そのネガティヴなことで、つまずいちゃった私が、気がついて欲しいんです。

そこにどんな価値観がある?って教えてくれている。

それホント?って。

 

完了させると同じことは起こりません。

起こっても、違う感じ方、違う選択ができるよ。

(戻らないよね?っていうお試しはあるかもだけどね)

 

素敵だね(*^^*)