I Love Serendipity.

私のツイン体験記

ものごとは、逆におこるの 導きについて

今変わり目で、大切なことだって思うので、シェアします。

 

スピリチュアルな情報に触れ、シンクロが起き始めると、

これは何の意味があるのかな?って考える癖のようなものがつくと思います。

意図する癖がつけばシンクロは起きやすいです。これは、フツーのことなんです(量子の観測問題

そして、これはこういう意味、こういうことにつながるって予想をします。

 

でも。

それどうかな?と感じることが多いです。ある一定を超えると、そうではないもっと大きな存在を感じてきますね。

 

導きは、予想は軽く裏切ってくれます。

まっさらになった方が、

導きが入るスペースが得られると思います。

 

私もそうなんですが、

本気のシンクロや導きを得る人は、

同じことを言います。

(よくまとまってる言葉は、本編で覚醒お兄さんからのチャネリングメッセージの一部をシェアするので、それを見てください。)

 

ただ、そのとき「いいな」とか「違うな」って選んだ先(不安からの選択または、得になることを得ようではない)、

ふと思ったこと、何だかそうした方が良さそうなこと、

もしくはやめた方が良いこと、

目の前に来たことを受け入れる

に従った結果、

想定外で予想もつかない展開を経験して、

後から、このために、このプロセスだったんだなってわかるのです。

その時はむしろ混乱したりしてます。

やだなーって思ってたり。

ショックを受けたり。

一見トラブルに見えたり。

 

でもそのあと起こること、

その時の人や物事や時間の動かし方、

宇宙と言ってもいいし、見えない世界のやることは、ダイナミックです。

 

コントみたい(≧∀≦)

それ使う⁉︎

ここでやる⁉︎的な。

 

そして、そのコントを受け入れたその先に、次のお題がやって来る。

 

私はこう感じてます。

他のプロセスは知らないけど、

このツイン体験のプロセスは時間軸が逆だよねって。

ある時気がつく。

参考にしてたブログの方からも教わりました。

魂には時空間がないけど、それを体験させられる経験がたくさん出て来るなって。

概念的なものを外す動きです。

女性側が精神世界を司り、霊性の開花をしてゆく時に、委ねるがポイントになるんだろうと思いますが、この、魂の特質を学ぶんです。

魂に主導を渡すとは、どういうことかを学ぶんだと思います。

そしてこの感覚は、完全にそうなれた時、ツインの彼と一緒にいる感覚に通じると思います。

 

最初に到達地点を見せられてるんです。

私なら、宇宙空間。

ワンネスであり、融合した感覚です。

自我がないとは、これか…と。

そして、早い段階で、ハイヤーの彼から、これからたどるガイドブック的なことは全部伝えられてるんです。

理解や解読には、私の霊性が上がらなければ、わからないにしても。。。

 

未来を願って創造して、

そこに向かって行くというよりは、

逆巻で体験して行くような感じ。

魂の世界を先に見て、そこから人間的な3次元の概念を外してゆく。

自我というものを徹底的に認識してゆく。

刻まれたネガティブを浄化してゆく。

決められていること。

決めてきたこと。

約束してきたこと。

 

それを順番にしているような感じ。

それに取り組みクリアできるかどうかは、その人の姿勢によるけれど。

 

願わなくても、準備ができたら叶うって、そういうことなんだろうって。

起こるべきことが起こる時の

判定材料は、波動の軽さ。

これをステージと言っていると思います。

波動の軽さは、コントロールできません。

カルマ昇華できた時は、はっきり分かります。軽さが全然違うから。

これが、魂の世界(5次元て言ってもいい)は筒抜け、誤魔化せないだと思います。

 

まるで冒険のようですね。

 

この魂の特質を学ぶ、人間意識との四苦八苦をするうち、宇宙や流れに委ねる感覚が掴めてくるのだと思いました。

 

そして、ツイン体験では、この宇宙(創造主)と極めて近い存在に、彼の魂さん(ハイヤーセルフ)がいるのだと思うよ。

頭じゃなくて、

身体から腑に落ちるようになると思います。