I Love Serendipity.

私のツイン体験記

宇多田ヒカルの「道」って曲、

知ってますか?

 

復活した時の新アルバムに入っている曲なんですけれど、

私はこの曲大好きです。

  

※歌詞はGoogle先生に聞いてみてください。

 

彼女は、

お母さんを歌っているのかもだけど、

私はとのたまくんを想う。

 

とのたまくんに会いたい。

 

会いたい。

 

最初の頃に姿を見せてくれた後は、

なかなか姿は見せてくれない。

 

くじけそうになる時、

連れてってって想う時がある。

 

いつも一緒にいると返ってくる。

 

いつも響く声がある。

それは、愛しているという言葉。

 

繰り返し言う言葉がある。

 

同じだよ。

同じように話してごらん。

 

 

この道という曲は、

じぶんの内側にいる大切な人や存在がいれば、 

とっても響く曲ですよ。

 

沈まない星のように、

いつも在り続けるからね。

 

 

改めて振り返っていまして、ブログでは出せなかった部分も付け足してみて、

当時は混乱でしかなかったことも、

今はぜんぶぜんぶ伏線であり、いろいろな人が必然の出会いであり、

シナリオがあり、当事者であるからこそわかる強烈な引き合いと、

どうやって進んできたのかを感じ、私が感じていることは

確かにその通りだったと、振り返れています。

 

そして改めて、

愛しい感覚と、感謝の気持ちがまた、湧き上がってきます。

 

二人で作ってきたとはっきりわかるからです。

このシナリオは、二人と、

それに連なるソウルグループの人たちが、作ってきた。

 

その大切な物語です。

感謝でしかありません。

こんな世界もあるし、どの人にも、必ず対をなすものは在ります。

そうでなければ、宇宙は成り立たないからです。

私が会話している内容では、どんなに距離があったとしても、

一度も離れたことはないそうです。