I Love Serendipity.

私のツイン体験記

アンサー動画 w

ひさびさにお会いした

カードの先輩とお茶した時、

バレバレなんで彼女がポツっと言う。

 

話していると、

その人と波長があうからね。

まぁ、私も同じ感じなので、

だから話していると、深いレベルで

その人のことが、わかってくるのだ。

 

「別次元では結婚してるような

ものだもんね。夫婦だね。

すごいね〜。

 

求め合ってるね。」

 

え?

 

あー!

すいません!

 

なんかうっかり、そう言うのを、

見せてるかもしれませんが!!

流してください〜。

 

そーなんです。

もう、こう混じり合ってるんで。

さらさらっと最近の、気持ち悪いくらいのエピソードについて、お話しした。

出会った後から、

必要なタイミングでアドバイス

もらってきた人。

 

私の彼たまとの魂のやりとりについて、

私は話してないけど、彼女はそのままを受け取っている。

 

現実的に、

彼に私が言った言葉を話したら、

それを聞いて、

えらい!って褒められた。

 

私も言ってよかったと思っている。

なんだろ、彼の気持ちのスイッチが少し変わった。

でも、一般的にいわれている、

セオリーからははずれていて、

いわゆるタブー的な事を言ったw

 

私と彼女の見解は同じで、

彼は気がついてる。

あっちもそういうチカラあるもん。

彼たまは、夢で見てるって言ってるし。

 

 

その後、彼からのアンサー動画をみる。

正直に言って、私には

愛の告白に見えちゃったよ。

まぁ、私が感じてることは、

だいたい合ってる(笑)

本人に確認してないから、

だいたいと言っておきます。

多くの人の、過去実績から言っても、

検証を重ねた結果、

たくさん報告もらってるしね。

 

別れの言葉の

絶対に言ってくれなかった、

一言の代わりに。

 

タコだ。

この言葉で、伝わるものがあった。

 

2人の間にある、邪魔するもの。

1番の問題は、おおきな闇は、魔だ。

 

それで、気がついた。

闘わないやり方で、魔と対決する仕方。

 

結局、これまで学んできた、

想いのチカラの錬金術

私自身でやるしかないのねって、

わかった。

共同作業であり、

想いのチカラを使うのは、

私の役目だ。

眠れる王子を起こすのは、

私なのか(笑)ぷ。

 

それに閃いた瞬間、

目の前に、

真っ白なフクロウがやって来た。

びっくりした。

 

この閃きでOKなんだね。

 

じつは、私の中で、フクロウは

彼の象徴なのだ。

偶然出会った、あるカードで、

そのように思った。

 

私を守護し、知恵を授ける存在。

あっちは、頭キレキレ系だからね。

その辺の回転の速さは、

私も負けないもんね。