I Love Serendipity.

私のツイン体験記

課題をクリアする

出会っていると、

自分と向き合い、

相手と向き合い、

周りの人と向き合い、

その中で感じる様々な感情を解放して、

ネガティブな要素を昇華して、

今起きてる出来事に、

逃げるでもなく、

無理するでもなく、

正直に、素直に、取り組んでいく。

そもそもそういう状況になるのです。

あがらえないほどの流れがくる。

自分の考えや希望は超越します。

そこに反すれば反するほど、

破壊的な出来事が起こりませんか?

 

わたしには課題があって、

それは、彼が全部クリアしてきたことなんだってわかる。

人生最大のピンチとも言える状況での、

自分の精神の静寂をみつめる。

ピンチと思う状況は、

わたしをその道を歩かせたよ。

ギフトだったんだって。

 

信じる力。

弱さを出して頼ること。

わたしの道に、

動き出しているのがはっきりわかる。

他のものは、

閉ざされていき、

ゼロからの創造となった。

でも、この創造は、彼との出会いから

大きく変わったわたしのすべてが

土台となり、注ぎ込まれている。

 

 

やっと、その課題に正面から、

取り組めるわたしになった。

それはなぜか?

 

ネガティブを解消して、

彼との魂の融合があり、

わたしに彼の要素が入って、

それを実行できるだけのものが

土台としてできたから。

 

びっくりするほど、

同じことをたどっていて、

彼が先をいってるのがわかる。

そのタイムラグは、約15年。

そうやって思うと、私の人生での大きな挫折の時期と重なる。

あの時やり残したこと。

 

チェイサーが待つって言われるけど、

違う。見た目はそうだ。

でも裏の世界では、

相手が私の成長を待ってる。

 

わたしの人生最大の課題に、

取り組んでるよ。今。

でも、恐れはない。

あんなに怖かったことが、

今はひとつも怖くない。

 

今日、南の島の夫婦の旦那さんから、

フィードバックをもらった。

 

わたしの身体にある、

エネルギーを見てのこと。

 

レインボー色の六芒星

青と赤の左回りと右回りの

蛇がとぐろをまくエネルギー。

融合を見てくれた人がいる。

 

わたしは、人の話を聞く中で、

相手を認めている。

でも足りないものも、感じる。

どうしようもない違和感が湧いてくる。

だから、それは伝える。

それを伝えて、

どれだけの人が素直に聞くと思いますか?

 

自分を信じることって、

その時、自分が選んだことも、

信じるってことでもあるのです。

 

わかりますか?

 

でも。

だって。

 

こうだったんです。

 

誰々さんはこう言いました。

あそこにはこう書いてましたから

そうなんですよね?

 

わたしにはこんな直感があるんです!

 

こんなことを、言わはります。

それで、変わりましたか?

 

わたしは少しでも、その相手と、

近づい欲しいと思っています。

 

目の前に来るメッセージは、

今、必要なものでもあるんです。

わたしが、

くくり姫からもらったメッセージは、

すべての出来事に神は宿るです。

 

その瞬間に、大切に向き合えてますか?

あなたにとって、嫌なことが、

必要な時もあるのです。

 

違和感には2種類あります。

 

コンフォートゾーンにとどまらせる、

エゴの抵抗と、

そっちではない、ということ。

 

見極めましょうね。

 

言葉や知識のスピリチュアルに

迷う時間があるなら、

1つでも実践してください。

知識で、そういってるからそうなんだとしか思えないなら、対話をしてください。

自分との対話もそうだけど、

目の前に現れた人との対話も、

自分との対話です。

 

魂は永遠の光。

でも、この世界の時間は有限です。

与えられた時間を大切に。

時間の深い気づきが起こると、

それすらも愛おしいです。

 

今のわたしの現実は、

毎日、雪崩のように、69という数字が現れています。

そして、「世界」という言葉が出現し始めています。