読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Love Serendipity.

私のツイン体験記

陰と陽 男と女のエネルギーについて

今までまっったく関心なくて、

むしろ私は男みたいと思っていたし、

男女の営みについては、潔癖というか嫌悪感さえ抱いてました。

なんと言うか、性なんて、私にとって、コンプレックスそのものの対象です。

 

関心がないは嘘ですね。

コンプレックスの対象だから、

見ないようにしていたと言うのが本音の部分。

女性らしい女性を嫌悪したり、

男性と張り合ってみたり、成果が見えやすい別のことで頑張ったり。

自分が女であることにも嫌悪感と劣等感を持っていたりしました。

 

しかし、ふってわいたツイン体験と思われる一連の流れで、

仕方なく、半ば強制的に、自分の女性性というものに向き合うこととなりました。

セクシャリティについても、知らなかった自分に出会い、女性であること、セクシャリティが好きになりました。

(この流れについては、ツインソウル、ツインレイ、ソウルメイトというカテゴリーで一連の出来事について少しずつ、綴っています。)

そこから得た、気づきについて書いてみたいと思います。

 

私の感じる男性エネルギーは、まるでビリビリとした電力のようです。

放出のエネルギーであり、

行動力や相手への影響力を与えるもの。

形にする力と言うのでしょうか。

女性は受け入れるだけで、放出はできません。自分は器のようなものにも感じるし、委ねる、受容する、まるで水のように感じます。

また、引き寄せる磁力でしょうか。

そして、女性はその身体を使って、エネルギーを純化するのではないのかなって思います。綺麗にしたり、凝縮したり。

そのエネルギーは、体を通り、頭のてっぺんから天に解き放たれたりもします。

 

男性が放出したエネルギーは、

女性のいわゆる第1チャクラ、第2チャクラ子宮から入り、体を通って、第4チャクラ、心臓から相手の第4チャクラ心臓に入っていくと思います。

はっきりそう流れると、体感しています。

円のように回る、それが男女のエネルギー循環。

だから昔から、体の仕組みだけではなく、その性質上、女性は受け身と言われ、行動は男性にしてもらってるんだと実感が湧きました。

 

このエネルギーの流れは、いろいろ知る中で、体感の様子をタントラとかに関心ある友人に話してみたら、

タントラの本にそう書いてあると教えてもらいました。

新鮮な驚きでした。

 

そこで、すごく思うのは、女性は愛を感じる男性としようよ、ということ。

どう言う関係であれ、その女性を愛している男性とです。または、怒りや悲しみを溜めず、自分で自分を幸せにしようと生きている人です。

もしくは、その悲しみや怒りも受け入れたいと思える男性と。。かな。

まぁ、ということはやっぱり好きな人、愛してる人ってことですね。

時代は変わり、昔はそうはいかなかったけど、女性はある程度自分で選べるようになりました。

 

だって、男性は放出のみ。

女性は通したエネルギーを純化するんです。

それを男性に返す。

色々なものも受け取ってしまうと思います。

ネガティヴなものも、もちろん入ってくるし、受け入れるだけです。そう言う性質なんだと思います。

そこに受け入れたくないものがたくさんあるときに、痛いだけ、辛いだけになるのではないのかな。

気持ちよくないってやつです。

男性がセックスを通して癒されるのもわかります。

女性が綺麗にしたエネルギーを、返すのですもの。

道徳うんぬんよりも、エネルギーのことでそう思います。

その時その時で、女性は女性の身体を大切にしないと。彼氏彼女の関係でも、夫婦でも、どんな関係であっても。

女性の体はすべて、神秘的で、自然とつながるものを持っていると思います。

 

 

そして、お仕事としてやっている女性は、命を削るような、本当にしんどい仕事をしていると思います。

どんなセラピストよりもね。

自分を強く保つことが、健やかであるには必要になりそうです。

かつて古い時代、聖なる仕事と表現されることもあったようですね。

 

本当に愛のあるエネルギーを、

男性から女性が受けた時、

女性自身の色々なネガティヴなものも溶かす力があると思います。

男性が本来持つ、愛するという力は、そういうパワーを持っている太陽のようなものです。女性にはできないものを持っているように思います。

そして、男性は本来は愛したい、与えたい生き物なんだろうなぁとも。

その力を潜在的に持っていることに、気がついていない男性も多いんじゃないかと思います。

男性が、真の男性のパワーに気がついた時、きっと大きな発展がもたらされると思います。 

女性から始まるので、女性が女性らしくあることがそのきっかけなのかな〜とも。。

 

そして、男女のエネルギーが

合わさった時、創造のエネルギー、または生命エネルギーができるのだと思います。

その場所は、おそらく女性の子宮です。

創造されるものは、人によっては子どもだったり、子どもではない別のものだったりするかもしれません。

 

今流行りのご自愛とか、子宮系女子とかは、このエネルギーを自分で体感した後に、目に触れるようになりまして、その内容は本当だなってうなづくことが多いけど、なんでもそうですが、

子宮をあっためるとかの方法論とかではなく(もちろん効果的だよ。しかし神社に行けば開運出来るって言うのと同じように)その本質にアプローチすることが大切と思いました。

 

そう言ったことから、男女の営みは、とても神聖というか、

巷で言われているような、卑猥なものでも、消費するものでも、隠さなきゃいけないものでもない気がしていて、

 過去世からの傷も癒し浄化し、創造のエネルギーを作り出せる行為。

どちらが欠けても成り立たないのではないかしら。

だいぶ歪められた表現が、広まっているんだなぁと思っています。

 

と、考えてたら同じことをすでに発信している人を発見しました〜!

講演を聞きに行きたいと思います♬