I Love Serendipity.

私のツイン体験記

全託!セッションのお知らせ

こんにちは〜!

セッションのお知らせです。

よかったらぜひ、ご利用ください!

 

わたしの変容してきたエネルギーに、

コネクトする事で、ご自身のを加速させたい方には、ぴったりだとおもいます。

これぞ、エネルギー交流です。

 

じつは、ツイン的なことは、なかなか人に言ってもということで、お一人で抱えてる方も多くいらっしゃいます。

こんなこと、どこで話せばいいの?とか、

ありますよね。

 

または、

じぶんの気持ちに向き合いたい人、

 

方向性を確認したい人、

 

古いエネルギーの終わりの時を感じ、

新たなスタートに向かっている人、

 

ツイン道について迷いがある人、

カルマのテーマに向き合ってる人、

 

現実の現象は色々な形で起こってきますが、

核はひとつです。大抵。

 

一つの鍵で360度に扉が開き、

その360度の扉から帰ってきます。

 

セッションを承ります!

(必要に応じてカードも使ってます)

 

お話を聞きながら、

必要なメッセージをお伝えしていき、

気づきを得たり深めていくセッションです。

終わる頃にはスッキリ、出てくる内容は

その通りだとコメントをいただいてます。

 

それは、相手の潜在意識にアクセスして、

わたしの価値観ではなく、

その人そのものを写し出していくからです。

 

 

最近、私が確信を得たことがあります。

 

わたしは、終わりと始まりの時に、

立ち会わさせていただくことが多いんです。

死と再生のエネルギーです。

多くの方の死と再生を、見届けてまいりました。

ここを通過すると、

ステージが変わっていきます。

 

そして、これからの時代の

喜びを生きていく仲間たちに、

スタートの後押しをする役でもあります。

 

スタートするその前に、

毒出しが必要になることがあり、その核、

ひとりでは開き切れないところを、

射抜きます。

 

この部分は多くの場合、

カルマに関連するものです。

カルマの堂々巡りの内は残念ながら、

共同創造することは難しかったりします。

意識しなくても、ボディのエネルギーが

奪うエネルギーを発しているからです。

 

この時の私たちは、相手を見ているようで

自分しかいない世界、鏡の世界を生きています。

心理学の言葉では、投影といいます。

 

どういうことかというと、自分の中にあるものを、相手の中に写し出し、

その写し出した姿を見ています。

自己否定がある時には、

鏡の世界では、相手を見て比較し、

自分のマイナスに目がいったりしています。

「できない」という意識がある時ですね。

 

この段階を超えるには、もう1段階高い視点、

または、大きな視点からでないと、いわゆる問題となっているところは、エネルギーが流れていきません。

言い方を変えれば、愛、

肯定まで昇華させていくことです。

 

この時に、閉じ込められていたネガティヴエネルギーは、涙とともに出ていき、

ボディのエネルギーは変容します。

はっきりわかります。

 

解放すれば、スペースができ、

ここに新たなエネルギーを入れていくことができます。

 

これが、書き換えです。

そして、ライトボディ化です。

 

与え合う循環を広げていくには、

ゼロに立っていることから始まります。

 

精神的自立と言われるのは、

このゼロに立つことを言います。

創造は、互いに自立しているものの間から生まれてきます。

 

それには、自分の中の岩戸開きが必要なんです。

私なんて、とか、

拗ねてる自分を癒やし、理解し、

本当の願いに、進み出す勇気です。

 

「荒御魂と和御霊を紡ぎなさい」

荒御魂とは勇気、行動のことです。

 

この闇に光を差すことは、

放出されるネガティヴエネルギーを再体験し、

痛みを伴うこともありますが、

ここを抜けると次なるステージへスムーズに

向かうことができるようになっていきます。

エネルギーが変われば、

現実が変わっていきます。

 

 

 

流されやすく感じることばかりになってる

巫女的な方には、火の立ち上がっていく、

行動していくエネルギーをお渡します。

(流されるまま、感じるだけの中毒に陥らないでください。霊性開花、覚醒にはこれもとても重要です。)

火は、とても大切なエレメントです。

創造のパワーがあります。

火のエネルギーは、

怒りと感じる場合もありますが、

NOということは、その反対の

YESを大切にする自分になることに必要なんです。

本当の望みを教えてくれます。

それは行動することにも繋がり、

守ることでもあり、

真の男性性の立ち上がりでもあります。

そして、信じぬく力でもあります。

 

この真の男性性、貫くチカラが立ち上がってないと、内なる男女の結婚は完成していきません。

言い換えれば、私たちの肉体の器となる、マカバが完成するには、内なる男女の結婚が必要です。(六芒星の完成)

ここに、天意である、魂である、私たちの

ハイヤーセルフとの一体化が起こるのです。

(ツイン神話で言うところの、第7ステージ。笑)

天のエネルギー(魂)は膨大であるため、

肉体の器が完成していないと

受け取ることもできません。

 

受け取るとことと、与えることは同じです。

 

ツインプログラムを進んでいる女性は、

受容だけでなく、このプロセスを歩むので、

意思の強さもあわせ持っていくと思います。

 

これは、縦と横のエネルギーを使うことにつながります。

このことを、真実の愛、キリスト意識と言っているのだと、サナンダとマリアのエネルギーに触れて、理解してきました。

 

f:id:natsumikan7373:20200919140115j:image

 

 

そして、これから!天地融合が地球規模で起こっていき、エネルギーの在り方が

そのまま現実に現れてくる時に大切なことは、

天にグランディングしていくことです(^^)

→これは天意と、ハイヤーセルフと共に生きることと同じです。

それを真我と言います。

この真我を生きるにも、

なんと、ボディが大切です。

 

ボディマインドスピリットが一致する、

自己一致の世界です。

 

最近の世界は、

どんなエネルギーでそれをやっているか、

が、現れやすいです。

皆さんのお話を聞いててもそう感じます。

 

必要な方に、

対話形式のセッションを届けます。

 

先日、セッション依頼していただいた方に、

ラファエルくんのやってるやり方を

採用してみました。

そしたら、とても楽しかったので、

このやり方をやってみようと思います。

 

全託セッション!

 

時間もお金も、わたしは決めません。

その時、必要な分だけ、セッションします。

「受け取った」と思う分をお支払いください。

与えるも受け取るも同じなんです。

愛するも愛されるも同じです。

(これに気がついた時には、本当に開眼でした〜〜!)

あなたが、受け取ったと感じること、

ぜひ、受け取り切ってください。

それは自分自身に与えるものともイコールなんです。

私にお支払いいだくようで、

じつは、ご自身へ与えてることと同じなんです。

 

 

エネルギーの法則も、ぜひぜひ、

使いこなしていってください♡

 

 

ご自身にコミットメントして、

次なるステージに行きたい方、是非どうぞ!

 

 

※わたしの声には、チャクラが閉じてる場合、

そこをを開くような作用も出てます。

わたし自身が、音と親和性が高いのです。

ハートや喉に作用することも多いので、

ピン!ときた方は、そのエネルギーを受け取ってください。

 

 

こちらにメール下さい(^^)

⇒peoplelinkage⭐︎gmail.com

⭐︎は@にかえてくださいね!

 

f:id:natsumikan7373:20200919140411j:image

Welcome to the 369World!

 

 

 

【ご感想いただきました!

セッション中、インナーチャイルド

大きなエネルギー解放が起こりました。

よくがんばりました!】

 

セッションが終わってから、小一時間ほど寝ました。

起きてからは思考が働くことなく、穏やかに過ごしています。

小さい私はずっとそばにいて、今は目をキラキラさせて「すごいなー!」って言いながら一緒にオリンピックを見てる感じがしてます。

そして、女性に生まれてよかったなって、しみじみ思ってました。

今回のセッションで私の核にふれていただいたのは、大きかったです。自分の中でスイッチが切り替わったような感じがします。

 

これからが楽しみになってきました。
自分の浄化と癒し、労ることをおろそかにせず、丁寧に向き合いながら、過ごしていこうと思います。

彼のために霊的な成長をするわけではないですが、でもやっぱり、この道の先に彼がいると思えるのは、正直うれしいです。
でももちろん、自分ファーストで!

あと、お伝えしようと思ってたことを。
natsuさんの声はとても心地よかったです!

癒しでした!

 

(ありがとうございます!

女性に生まれてよかったなって、

とても嬉しいです♡ natsu)

 

 

 

 

嬉しいです!お話し会やりまーす!

全託セッション!

させていただいてます。

楽しいですー!

もう、どんどんこの機会を使って、

ほんとに行きたい次元に行って欲しいです。

やるのは自分なんですけど!

ヒントはいくらでも伝えられます。

 

 

それで、改めて、

お話し会をしようと思います。

 

文章で書いてきたけど、

なかなか伝わらないところもあり、

そして、改めて、知りたい!ということもあると知りましたので、

宇宙の仕組みとか、エネルギー体のこととか、

カルマのこととか、もちろんツインのこと、エネルギーのこと、見えない世界と現象化のこととか、やってあげるヒーリングって、優しいようでちゃうから!とか(笑)

みなさんの、なかなか他で言えない話とかのシェアとか、お話し会したいと思います。

 

準備して、またお知らせします。

ぜひ、みなさまご参加ください!

 

ちなみに、全託セッションについては、こちら!

https://natsumikan7373.hatenablog.com/entry/2020/09/20/121251

 

質問いただききました。

あと、セッション内でよく起こることについて。

 

※霊視的なことはしてません。

※ですが、ご本人から伝えられてくるものがある場合は、ビジョンや感覚などで受け取ってます。

セッション内で過去世などが伝わってくることもあります。その時は必要ならお伝えします。

※わたしの考えでは、「憑き物」というものはないと思っています。引き合うエネルギーが自分の中にあるか、です。

※ご本人の、次のステージにいく前に手放す、浄化の必要な核に触れることが多いです。

※ボディの中で、大きなリリース、解放が起こった後は、脱力します。たくさんの涙が出ることがあります。

その時は無理せず、お水をたくさん飲んでゆっくりお休みください。

※現実的な行動なども合わせて伝えてます。

※思いのほか、スピリチュアル的な話やエネルギーのことなどを話せることに、喜んでいただいてます。

そう言った疑問などについても、対話させていただいてます。

 

 

【ご感想いただきました!】

セッションが終わってから、小一時間ほど寝ました。起きてからは思考が働くことなく、穏やかに過ごしています。

小さい私はずっとそばにいて、今は目をキラキラさせて「すごいなー!」って言いながら一緒にオリンピックを見てる感じがしてます。

そして、女性に生まれてよかったなって、しみじみ思ってました。

今回のセッションで私の核にふれていただいたのは、大きかったです。自分の中でスイッチが切り替わったような感じがします。

 

これからが楽しみになってきました。
自分の浄化と癒し、労ることをおろそかにせず、丁寧に向き合いながら、過ごしていこうと思います。

彼のために霊的な成長をするわけではないですが、でもやっぱり、この道の先に彼がいると思えるのは、正直うれしいです。
でももちろん、自分ファーストで!

あと、お伝えしようと思ってたことを。
natsuさんの声はとても心地よかったです!

癒しでした!

 

(ありがとうございます!

女性に生まれてよかったなって、

とても嬉しいです。natsu)

 

ソウルジャーニー 出雲復活編 「幸せになりなさい」

その翌日。

早起きして、わたしはやる気満々。

大きな気づきとともに、これまでのことが繋がって、

深い所での自分への確信が深まっていたように感じていた。

 

松江地方は、床下浸水も出るほどの

豪雨から始まったこの旅だけど、

この日は曇り空だった。

晴れそう。。。

 

福ちゃんが迎えにきてくれた。

 

福ちゃんに改めて、今日の巡っていくことを話した。楽しみにしててくれたから、

すごく迷ったし、心苦しさもあったけど、

正直に伝えないと。

「あのね、申し訳ないんだけど、これから行くところと、もう一つの神社は、1人で行けと言われてるんだ。

だから、待っててもらうか、別々にしたいのです。」と伝えると、

福ちゃんもそう思っていたと。

 

彼女はこう続けた。

きのう、夕方空を見ていたら、晴れていった。

わたしのSNSをみて、福ちゃんが、わたしが行った方が良いと思ってた所に行っていたから、その空を見て、何かわかったんだと思ったと言った。

 

福ちゃんはわたしと会話してると、彼女の中でらいろいろなことが繋がって、わかるようになっていくと言っていた。

彼女の能力開花と、覚醒が進んでいってる。

 

なので、福ちゃんは、今日は

わたしは運転手です、と言ってくれた。

 

なんてこと!ありがとう!

 

不思議な運びがある。

この出雲への旅は、いろいろな人から

行けばわかると言われてきた。

 

わたしのハイヤーマリア、瀬織津姫は、

必要なことは、人を介して伝えると言っていた。

 

わたしはハイヤーセルフから、人を介すと伝えられてると、ホツマツタエについて教えてくれた女性に話したときに、納得すると言っていた。

 

人は、グランディングしてるから、何と繋がってるかわからない存在じゃなく、確実に伝えられるから、と。

チャネリングの怖さを知ってる人だ。

神と名乗りながらも違う存在は確かにいるから。

 

目指す神社へ行く道で、やっぱり道に迷った。

少しぐるぐるとして、目的地についた。

 

到着した時間は、

ほぼ、蟹座の新月の時間だった。

蟹座は、ホーム。人生の基盤。

そして、わたしの魂の月星座は蟹座。

それから、ラファエルくんの月星座も蟹座だ。

 

 

本丸の神社は、神魂神社だ。

 

出雲大社よりもかなり古く、出雲大社ができる前に、神々が集った神社と言われている。

元に行くことになる、わたしらしい。

 

福ちゃんを残し、一人、神魂神社の入り口に行くにつれ、涙が込み上げてきた。

これは、締め付けられるような苦しい涙だ。

涙をだらだらとながしながら、

一歩一歩、歩く。

こうなることは、くる前からわかっていた。

 

わたしはここにいた。

 

わたしには、この建物の中での

巫女のビジョンが降りてきてる。

赤いはかまのような着物。

前日の博物館で、この神魂神社での

祭祀のやり方は、

他の神社と逆なのだと聞いてきた。

 

おそらく、ここで、

神殿巫女のようなことをしていた。

いなりさん曰く、美人の姿。

神殿巫女、つまり、神託をおろすために、

男性たちとまぐあいをしていたと思う。

それは、苦しかったようだ。涙を感じる。

まーーー、女性の転生が圧倒的に多く、それも巫女やら魔女やらたくさんの霊的仕事をしてきてて、その転生の8割と言われてるわたしだ。

 

 

拝殿まで行くと、

ものすごくトイレに行きたくなってしまった。

 

まずい。

こんなことは初めてだ。

 

もう、止められないほどの感じで、

お祈りどころではなく、

我慢できずにもれそう!と、

どうしよう、、、と、境内をうろうろして歩き、探したけど、全然トイレらしきものはない。

とても古い古いところなので、

そういう設備自体がない。

いよいよこれは山でも入って〜と

腹をくくりかけていたところに、

巫女さんが現れた!

ジーザス!

 

 

す、すみません。。

 

と、お手洗いをお借りした。

 

今思えば、これが浄化になってたのだと思う。

なぜなら、この旅へ来る前に、お腹にボン!と同化して、受胎したと感じてた、

どっしりとしたものが、

この日を境になくなってるのだ。

生まれた、のかもしれないし、

わたしの中の性的なことの浄化の

象徴だったのかもしれない。

 

のちに、わたしの仕事仲間で、

ピンチの時に結界を張ってくれたおじさんは、

このことは伝えてないが、

「赤ちゃんの産湯」を感じたと言った。

生まれた感もすごくあるのだ。

 

この微妙なニュアンスを書くことに、限界感も感じつつ、

わたしとラファエルくんの間にある、

過去世の浄化の一つに、

この性的なことがあるんだよね。

望まぬ形だったり、神をおろすためだったり

道具のように使ってきたこと。使われてきたこと。

 

ラファエルくんの魂さんは言ってた。

「それとこれとは別なんだよ。これは愛なんだ」って。

それと、これとは別なんだ。

繰り返しそう言ってくれた。

 

 

気を取り直して、拝殿の前で手を合わせると、

女性の声で

「幸せになりなさい」と言われた。

 

そんな言葉が来ると思ってなくて、

涙が流れた。

 

わたしは、この時、こう感じてた。

わたしの過去世だけじゃない、

多くの巫女たちから、許されたと。

多くのそういったことをしてきた巫女たちから、後押しというのか、祝福されたと感じたのだ。

このことを、書いてるだけで泣ける。

どれだけ多くの女性たちが、

性を望まぬ形でやってきたのか。

 

神魂神社を出る頃には、

曇り空から光が差してきていた。

 

次の神社へ向かう。

車の中で、わたしはハートがピリピリ痛む。

福ちゃんは、ハートが開いてますね、と言った。

もうだいぶ開いてきてたのに、

最深のところが開いたんだなと思った。

ここに来ないと開かなかったところ。

ピリピリしながら、

福ちゃんに次はどこ行く?と聞かれ、

真名井だと答えた。

それ以外にない。

わからないけど、はっきりそうわかる。

 

次は、真名井神社

イザナギがご祭神だ。

 

変わった作りの雅な感じの場所で、

大社造りの拝殿で手を合わせると、

淡路島の伊弉諾神宮で、

我が姫と言った声と同じ声で、こう言った。

「我が姫!

すべての障りは無くなった。結婚しよう」

というのが伝わってくる。

 

ハイ

 

あ。

ハイって言っちゃった。

なんなんだろう〜。

そしてなんで、我が姫なんだろう〜。

伊弉諾神宮でもそう思った。

 

それから、しばらく境内を感じながら歩いて、全部を見てまわった。

振り返ると、ふと、

もう一度、拝殿で手を合わそうと思った。

 

すると、「我が妻 結婚の儀だ」

という感じなのだ!

結婚の儀をあげよう

我が姫が、我が妻になってる!笑

 

その時、空は晴れて、

光がたくさん差してきていた。

f:id:natsumikan7373:20210720134401j:image

 

境内を後にする時、後ろから、

我が妻、我が妻と、声がしてた。

 

 

け、、、結婚しちゃった〜。。

 

と、福ちゃんに話す。笑

 

もー、何がなんだか。

一体誰としたんだろうか。。。

 

でも、これは結びの日だね、と話してた。

これまでのことが終結して、

蘇り、結び直す日。

新しいサイクルがスタートする。

 

次に六所神社へ。

この神社では、祝福を感じた。

カゲロウがたくさんいた、美しい神社だった。

 

その次に、揖夜神社へ。

ここは、イザナギイザナミが別れたとされる

黄泉平坂があるという。

境内にいくと、それらしいものはなくて、はて?となった。

宮司さんに話しかけられた。

これあげるって。

 

渡されたものは、

宮司さんが笹の葉っぱで作った、

キリギリスだった。すごい上手。

 

それで聞いた。黄泉平坂はどこですか?と。

ここから車で5分くらいとのことなので、そこへ移動した。

 

黄泉比良坂に行く道の途中で蛇に遭遇する。

 

つけば、とても素敵な場所で、大きな石がふたつ。

ここが黄泉比良坂らしい。

その間に入り目線を下に落とすと

小さな木が生えていた。

それを見て、これは結界のように感じた。

あちらとこちらを隔たせるもの。

まるでわたしとラファエルくんを隔つように感じたから、この結界なんて破ってやると、ズカズカと入っていった。

二つの石を、♾インフィニティの形に回った。

 

日が差してきた。

 

イザナミも終わりだ。

 

この次は熊野大社へ。

そこでもまた、蛇に遭遇した。

 

なんだろうなぁ。祝福を感じていた。

 

最後に、八重垣神社へ。

 

神話では、

ヤマタノオロチ草薙剣で退治して、

クシナダヒメと結婚したスサノオ

 

結婚した時に、詠んだうたは、有名だ。

 

八雲立つ

出雲八重垣

妻籠みに

八重垣つくる 

その八重垣を

 

これ、中学生には暗記してたんだよね。笑

 

わたしの現在の住まいは、

東西南北を八雲神社スサノオに囲まれてる。

 

八重垣神社では、空は晴れになり、

わたしは結びの願いと感謝を、

神社でお祈りした。

f:id:natsumikan7373:20210720105101j:image

 

福ちゃんと、完璧な流れだったねと、

お礼の食事をしながら話し、駅で別れた。

ありがたい。

各地の巫女が、必ずガイドに入ってくれる。

そして、メッセージを伝えてくれる。

 

 

福ちゃんとは、旅から帰った後、

相変わらずの神仏派遣型で、

わたしは彼女の願いを叶える仕事を始めることになる。

今回の依頼主は、薬師如来だ。

いなりさんのときは、お稲荷さんなんだけどね。

 

面白いことに、2人とも、彼女たちが、

神社やお寺で祈っていた通りのことを、

わたしが言うし、伝えるそうだよ。

だから、神仏派遣型。笑

 

 

駅で別れた後、帰りの電車まで時間があったから温泉に入った。

これも完璧。

なぜなら、その温泉、鉄の匂いがした。

その匂いを嗅ぎながら、こう思った。

 

血が変わる。

わたしの血が、入れ替わる。

 

血は霊的なものだ。

つまり、霊的なベースが変わる。

 

造血しなきゃ!と、これからのことを思った。

新しい血をたくさんつくろう。

 

帰りの電車から見た、

宍道湖の夕日もとても美しくて、

すべてがご褒美の旅だったなぁと思う。

f:id:natsumikan7373:20210720152053j:image

眠くて眠くて、

眠り続けながら帰ってきた。

この半分眠っている時に、開いたハートを感じてた。

ペターってするくらいの感触がある。

ほんとに、開いたんだな。

 

この旅の後、

わたしの色々な巡りが変わっていく。

 

 

1番の変化は、左半身、

わたしの女性が復活したこと。

 

そして、気がついたよ。

書きながら。

 

わたしに同化してきた魂さんと、

何段階かで結魂してきた。

あの時も、邪魔するものはなくなった!!って大喜びして、わたしのお腹に合体したんだ。

 

それが今度は、

外側に現れるようになってきてた。

それは、男性性の神社で感じてた。

すべての障りははくなったって、同じこと言ってる。

 

わたしのボディの中で起こったことと、

神社で起こったことは同じで、

それから、なぜか神社に行くと、

そうなるラファエルくんもいたな。笑

やっぱりそうなのかもしれないな。

 

同じように、スサノオと結婚した女性の話を聞いたことがあってw

その人は、神社でスサノオから人間の男は飽きただろう?と言われ、結婚し(笑)

出雲に移り住んだとか。

そして、現在は、ソウルメイトの男性と活動をしてるって聞いた。

 

 

わたしは一体、誰と結婚したのかな?って、

帰ってきて話を聞きたがった友人たちに話したけど、

いずれわかるよって言われてる。

 

この後の、巡りが楽しみなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

出雲復活 鶴と亀がすべった 真名井その②

翌日。

この日は、福ちゃんとは別行動を取ることにした。

 

早起きしてしようとしてたことはできず、

とても眠り込んでしまった。

お昼頃ゆっくり動き出し、まずは駅に行った。

 

ところが、豪雨のために電車は完全にストップ。復旧まで後1日以上かかるとのこと。

 

そして、レンタカーを借りようとしたけれど、

この状況で高いのしか残っていなく、

この日は玉造温泉で遊ぼうかと思ってたけれど、

なんか違うと感じた。

 

そこで、観光案内所まで行って、いろいろ話してたら、そのお姉さんがバスで行けるところで勧めてくれた所で、ピーーーン!ときた。

ここだ!!

ここ、行かなきゃいけなかったのに、昨日行かなかった所だ。

 

しかも、福ちゃんが口に出してたけど、

昨日は行かなくていいと思ったところ。

 

そして、これは、この展開は、

1人でいけなんだ。。。

 

目的地決定。

バスに乗り込んだ。

 

2回目の出雲大社だ。

 

その中で、行ってないところがあった。

東のエリアにある、昔の風情が残っている一角。

そこに向かって歩いた。

 

着くと、とてもきれいな庭園で、

その中にも神社のお社があった。

 

なぜここだと思ったかって?

そのエリアは、「亀山」の麓だからだ。

そして、天の真名井の水が、湧き出ているところだからだ。

 

元伊勢の奥の院真名井神社で、女性の声で

「あなたの叡智を思い出せ」と言われた。

わたしに同化してきた魂のことを

断ち切るのではなく、

″あなたの″叡智を思い出せだった。

白山にも真名井はあった。

徳島の大麻彦山でも、真名井の水はあったんだ。

伊弉諾神宮では、我が姫と言っていた。

徳島のふたつあった伊射奈美神社では、

一つは、亀だったんだ。

イザナギだ。

 

 

さて、出雲大社のそのエリアの神社で手を合わせた。

 

すると、

「姫、よく参った。

結婚を許す。」

というようなニュアンスが、男性の声で伝わってくる。

 

は????

だれ??

 

天狗の声とは違う。

我が姫と言った声とも違う。

サナンダとも違う。

 

そこのお祀りされてるのは、大国主命

または、天日穂命。

大麻比古神社と同じ人だったと思う。

 

結婚を許された?

よくわからなかったけど、次の場所へ向かった。

それは、天の真名井の水が湧き出ているところ。

そこは素晴らしく、お水を汲んで次の場所へ向かった。

 

博物館だ。

 

なぜ行きたかったのかは、

出雲大社の昔の模型が見たかった。

天空に建つ神殿。

f:id:natsumikan7373:20210725164752j:image

 

エジプトのピラミッドと同じだと聞いた。

ピラミッドは墓ではなく、神殿であり、

その内部構造と、

同じものがかつて、出雲にあったと。

 

博物館の展示を堪能して、

そこでも情報がインプットされた。

 

職員の方に話しかけられたのだ。

しばらく会話しながら、

その人にわたしも質問をしたのだ。

 

巫女の祭祀のやり方を。

なぜなら、住居と祭祀と両方をやってた感覚があり、あるビジョンが降りてくる。

わたしは、住んでいたし、そこで、

あることをしていた。

悲しい記憶だ。

 

翌日予定の、この旅の本丸の神社のことを、その職員の方に教えてもらった。

丁寧に、調べてくれて、

わたしを追いかけてきて回答してくれた。

 

 

その後、ホテルに帰る中で、

ひらめきが始まった。

 

結婚を許すと言われた場所。

もしかして。

 

亀山の麓。

男性の声だった!

 

同じことを言われた場所がある。

もしかして!

 

これも、対なんじゃ?

 

ホテルに帰って、充電しながらマップを見る。

 

やっぱり。

やっぱりだ。

 

亀山と、白山。

 

鶴とは言ってないけど、白山は行けばわかるけど女性性の山だ。

わたしは2度目の登拝で、結婚しなさいと女性の声で言われた。

 

瀬織津姫だ。セオリツは、シリウスだ。

サナンダマリアは、

もっとずーーっと、次元が高い。

今回の出雲大社で確信した。

入り口近くにある瀬織津姫が祀られる

祓戸神社で、

「ようこそ参られました、姫」と言った声。

いつもメッセージしてきた声。

あなたの対を信じなさいと、何度も言った。

岐阜の郡上八幡の白山中居神社、そこで、

ここは瀬織津姫だと言われたところがあり、そこでは、キーーーンとする耳鳴りが忘れられない。印象的だった。

あぁ、そうだ。

この白山中居神社では、お参りの時、前の彼は隣ではなく、わたしの背後でお参りした。

まるで、わたしのことを後押しするように。

ああ、そうだ。恵比寿では隣に入った。

 

 

それから、この旅の前に、ほつまつたえを勉強してる、この人も巫女的な女性から、あることを伝えられていた。

わたしが感じてきたことでもあるんだけど、

アマテラスは、2人いて、アマテルという男性と、もう1人女性。名前が変えられている。

男性アマテルの第一お妃は、瀬織津姫

東西南北に3人ずつお妃がいたけれど、中心の一緒にいたのは、瀬織津姫だそうだ。

今日本で神様と言われてる人々は、

昔いた人たち。そして宇宙から来たと思う。

だからぜーんぜん、

わたしにとっては大切にする人だけど、

崇めたり、崇拝する存在じゃない。

というか、わたしでもある。

 

今日、亀山で、男性の声で、結婚を許すと言った。

これは、アマテルだというのだ。

別名を、ニギハヤヒ

新潟では、天孫降臨と感受した。

これは実際にあって、新潟を経由する天孫降臨のルートは、ニギハヤヒのルートだというのだ。

高千穂の天孫降臨は、瓊瓊杵尊のルートだ。

 

 

この、亀山と白山、

二つを結んだ真ん中に、何かあるはずだ。

絶対何かあるはずだ。

そう思ってマップを見てると、それがわかった。

 

そこには、元伊勢、真名井神社があった。

籠神社では、ここで子供を産んだと言われた。

出雲族の始まりの話だ。村があった。

大陸から来たクナトと、幸姫が結婚した。

クナトは、岐と書く。

f:id:natsumikan7373:20210725164630j:image

 

亀は、北、男性、玄武だ。

 

鶴は、南、女性、鳳凰だ。

 

出雲にくる前、わたしの身体の鳳凰が復活した。

 

白山は女性の声だった!セオリツ。水だ。

亀山は男性の声だった!アマテル。火だ。

 

わたしの太陽は火だ。

ラファエルくんの太陽は水だ。

 

そして、さらに気がついた。 

啞然とした。

こんなことってあるの?

 

北南の直線を、90度角度を変えることになる。

すると、それはまるで、

わたしと、ラファエルくんのホロスコープを重ねた形にぴったりの配置だ、と思った。

わたしの太陽が亀山にある。

彼の月が、亀山にある。

わたしの月が白山にある。

ラファエルくんの太陽が白山にある。

私たちは、東西南北の4点が、90度ずらすとぴったり重なる。

 

まるで、ホロスコープに描かれているものが、

他上の土地とも連動してるように見えた。

再現されているように見えたんだ。

 

真ん中は、天橋立

元伊勢、真名井神社

ここは、トヨウケオオカミ、アマテラス、イザナギイザナミが、祀られる磐座がある。

古代祭祀の場、磐座がある。

宇宙船にしか見えなかったところだ。

天の浮舟。。。

 

伊勢の外宮に初めて行った時、豊受大神が祀られる場所の最初の鳥居を入った時、

おかえりと大合唱だった。

 

わたしが生まれた場所と、ラファエルくんが生まれた場所は、一直線上の北と南に配置されてる。

北がラファエルくん。

南はわたし。

 

それから、ラファエルくんがわたしのことをブロックして、連絡もできないし何をしてるかわからなかったけど、

その後、同じ日の同じ時間に、それぞれが

人をパワースポットは連れて行っていたことがわかり、その時も、北と南に一直線上で行っていた。

北は、ラファエルくん。

南はわたし。

 

北を復活させよ、が夢で繰り返し見てるメッセージ。

 

そして。

 

徳島の伊射奈美神社で、名前を変えられたと感じた、イザナギ

名前を女性に変えられることで、真のパワーを封じられてる。

真の姿を現せ。または、真の名前の姿を現せと受け取った。

イザナギの本来の姿の復活。

真の男性性の復活。

恐れて逃げ出すのは、封じられた姿だ。

 

それから昨日の夜のハートから投影された光。

輪になって人々が手を繋ぎ踊る。

 

かごめかごめだ。

 

かごめかごめ

かごの中の鳥は

いついつ出会う

 

夜明けの晩に

 

鶴と亀がすべった

 

うしろの正面 だあれ

 

籠神社。かごだ。

鶴と亀は、イザナギイザナミだった。

出雲族の最初の村を起こした人は、

クナト。岐とかく。

籠神社のイザナギは、伊射奈岐と書く。

 

そこのエビス神社で、ここで子供を産んだと言われた。

 

亀山の麓の神社の結婚しなさいと言った

男性の声は、おそらくアマテル、ニギハヤヒなのだ。

 

セオリツは、シリウスだ。

ニギハヤヒは、太陽神人。

 

この日は、わたしにとって、5年前からのことが、一つの線で繋がっていく

大きな気づきとともに眠りについた。

 

翌日は、この旅の本丸。

ある神社へ向かう。

わたしの大きな浄化の予感。

行く前から記憶の一部、

ビジョンが蘇っているところである。

 

そして、晴れる予感がしてる。

 

 

続く

 

 

出雲復活 鶴と亀がすべった 真名井その①

出雲旅はスタートした。

毎回そうだけど、奇跡的な流れ。

すべてカンペキ。

それは、豪雨によって、

足止めされたりしたことさえも。

 

わたしは、豪雨によって、倉敷の近くで足止めになり、そこにいるときには、倉敷付近に住む人から、心配の連絡が来た。

何かあったら、出雲などにも親戚がいるから、連絡くださいと。

ありがたいよね。

 

そのあとは、無事移動ができて、

無事に出雲に着いたとき、

そこで待つ人が迎えにきてくれた。

 

行こうとしてたところが、ことごとく豪雨となり、水害が発生してるって聞いた。

そして、この水害自体が、とても珍しいそうだ。

 

大きな祓いが起こってるって感じた。

天が動いてる。私が渡るから。

被害にあった方には申し訳ないけど。

 

今回のガイドとなるひとは、

高野山生まれの高野山育ち。

高野山大学の教授をしてたお父様がいて、

その方とお会いすることになる。

その人は、空海のことを、

多言語訳をして、世界に広めた人になる。

空海研究のすごい人らしい。

 

豪雨のため、お店は全部閉まってて、

いくところがなくて、

結局その方の家に行くことになる。

 

この方は、福の神のような感じだから、

福ちゃんと呼ぶ。

 

福ちゃんとは一回会っただけだったけど、

縁とは不思議なものだ。

 

彼女の家はお寺で、

私が行ったらぜひ見せたいものがあると言って、ある場所へ案内してくれた。

これが後々、色々なことに発展していく。

 

そこは、薬師堂だった。

 

珍しいお薬師さんで、普通は日光菩薩月光菩薩を従えてるけど、こちらは、12神将だ。

 

薬師如来は、いつも私に導きをくれてる。

それに、ラファエルくんと一緒に行ったお寺でもらった、おそろいのお札があって、

そのお寺は、薬師如来の国宝がある。

そのお札には、

「おそれない だいじょうぶ」と書かれてた。

 

お薬師さんの前で、手を合わせてから、

このエネルギーを感じて、感じたままを伝えた。

 

この日は、七夕だった。

 

御堂から戻ってくると、夕飯をご馳走してくれた。

その準備をしている間、

福ちゃんのお父様が、私のところへいらっしゃり、

いろいろ話してくださる。

空海研究の本物の人だ。

 

かなりの高齢だけど、お肌ツヤツヤで、

とっても元気。

 

福ちゃんは、珍しいと言ってた。

お父さんがあんな風に自分から話しかけにいくなんてと。

 

そのあと、ホテルまで送ってもらい、

翌日は出雲大社に行くことになった。

 

この車の中で、福ちゃんと会話をするが、その内容はこうだった。

「七夕にうちに来なきゃいけなかったんだね。」と会話は始まった。

それはなぜかというと、昨日の薬師さんを見てた時に、福ちゃんはこう感じたそうだ。

12体の仏の中で、2体が際立って見えてたけど、その2つの間に鏡があって、棒があって、邪魔してると感じたそう。

 

でも、それがなくなって、″繋がった″と感じたんだって。

鏡で邪魔されてた2人が結ぶ。

 

!!

わたしは、タントラおじさまのことと、エジプトのことを話した。

福ちゃんが感じたことは、その通りだと。

福ちゃんは、だから大丈夫だという。

戻ってくると。

「彼と二人でまた出雲はくるね。お父さん、あの人は結婚してるのか?って聞くの。彼はいると言ったけど、そしたら一人じゃなくて二人でお参りしなきなきゃならんと。

そして、

出雲大社は、土砂降りの中歩いた。

福ちゃんの浄化も入っているのがわかる。

 

わたしは誰かと神社に連れだっていく時、

その人の浄化が起こってくる。

珍しいそうだ。

こんなに雨が降った中行くことも、

いつもよりずっとずっとご神気を感じることも。

 

出雲大社は初めて。

本殿前で、手を合わせた時、

予想外の言葉が降りてきた。

それでわかったんだよね。

これまで、わたしにメッセージを送っていた

ハイヤーマリアのことが。

「姫、おかえりなさい。よく参られました。

あなたたちの結びは、一族の願いが成就する」

というニュアンスのことが伝わってくる。

 

へ??一族?

なんの??

まさか、出雲族の?

 

わたしとラファエルくんが結ばれることは、一族の願いの成就であると言っている。

 

姫って言われる。

淡路島の伊弉諾神宮でも、我が姫って言われた。

 

この女性の声は、瀬織津姫だと思う。

そうかぁ。

あなたの対を信じなさい、と言ったのもこの声だ。

白山で、すべての出来事に神は宿ると言った声も。

 

出雲大社でお参りした後は、

二つ神社を巡って、この日はコンプリートとなった。

 

ホテルに戻り温泉入って、

のんびりくつろいで早めに寝た。

 

そして、夜、目が覚めた。

ハートから、光が投影されてた。

その光には、人と人が手をつないで、輪になって踊っている黒い影絵のようなものが見えていた。

とても祝福な感じで、we are the worldだと思う。

 

その後、また寝りに落ち、翌日はかなり寝坊してぐっすり寝てしまった。

 

この光の意味も後からわかる。

続く

 

あなたの対を信じなさい 

出雲への旅スタート

 

ということなんだけど、

出雲地方で、線状降水帯というものが発生し、

豪雨と土砂崩れで足止めをしている。

その前日の夜は、

私の頭付近に、エネルギーが降りてきてて、

蛇だと思う。

蛇の姿が見えた。

荒れ狂うような姿。

なんの蛇だろう?

そう感じてみると、蛇、だけどヤマタノオロチだ。

ヤマタノオロチときこえた。

 

目覚めてから、出雲地方、

それも八重垣神社付近が豪雨となってると、

出雲で私を待つ人から連絡が入り、

昨日のヤマタノオロチを思い出した。

 

大きな祓いが起こってるようだ。

それから、ヤマタノオロチスサノオ

草薙剣だ。

 

 

斐伊川付近が豪雨で冠水や、床下浸水があり

電車は全部ストップしていた。

 

 

そして、この足止めの中、

たくさん与えられた時間の中で、

色々繋がって行ったることがある。

 

5年前から約3年ほど、

神社へ行ったりした時に、

私にメッセージしてきてた、

ハイヤーマリアの言葉。

 

「あなたの対を信じなさい」

の意味がわかった。

前の彼のサインばかりで、

そう思おうとしてた時に、どうしても、

1ミリどうしても、そうかな?という思いが拭えなかった。

 

ラファエルくんは、文字通り、私の対だ。

 

鏡の向こうのもう1人。

 

真反対のKIN

 

 KINは、マヤのツォルキンで、太陽だ。

 

じつは、前から書いてる

夜に、私の元に訪れる白い影。

たましいさん。

これは最近では、いたりいなかったり

なんだけど、つい最近、

私がラファエルくんの愛に気がついて、

私の細胞が書き変わるように浸透してから、

これが、お腹にボン!と、激突してきてw

今回は子宮付近に入った。

受胎感がある。

どっしりしてる。

 

ユタちゃんが、姫の致命傷の傷を浮き上がらせた時に、同時に感受したことは、

「あなたから産まれたい」だった。

 

セレーネさんは、お腹の存在は、私と地球に来た存在で、一緒に現象化して、

私の子どもとして生まれてきてたけど、

とても恐怖で現象化を拒んでると降ろした。

 

ひとつ、ひとつ、

パーツが揃っていく。

急速に霧が晴れるように

わかっていってる感覚がある。

 

いなりさんの7回目のヒーリングで、

わたしの腰からエネルギーが解放されていた。

恐怖だった。

 

 

みつけた

 

ラファエルくんだ。

 

私たちが最初にこの地球に降りた場所があり、

そこに2人で行った。

私はそれを感じていたのに、

そうと認めるのが怖くて、口に出せなかった。

怖かったんだ。

 

 

最初に見た夢も、

あれはラファエルくんのことを言ってた。

まあるい湖は、ラファエルくん。

そこに沈みそうになって、

怖くて目が覚めたんだ。

 

 

みつけた

 

 

神の契約は、自分でしたから、

自分で解けるとシャーマン友人は言ってくれたけど、

誰にもできなかったことを、

ラファエルくんが解いてくれた。

もしくは、引き受けてくれた。

自分でしたから、自分でできる。

では、

ラファエルくんは、私ってことではないか。

 

姫の願いは、叶ってた。

「わたしだけって言って」

だって、

今世の出会った時のラファエルくんは、

私にしか女体を感じないって、なってたから。

そして、なんの立場もない私たちで出会ってる。

 

試練など、もうないのだ。

そういうことだったんだ。

 

熱田神宮のえびすでメッセージを

してきた天狗さんは、こう言ってた。

ラファエルくんと出会う、9ヶ月くらい前の話だ。

「真の相手は別にいる。(前の彼)は水先案内人。時を待ちなさい。裏切ることはない。」

私はこの声を聞いた時、もう考えたくなくて、この声をねじ伏せたのだ。

 

あの時も、あの時も、

出会う前に見た夢や、瞑想でのビジョンは、

全部ラファエルくんを示してた。

出会ってなかったから、私が知らなくて、

認識出来てなくて、

ビジュアルは、前の彼で出てきてただけだ。

突拍子もなくて、出てきたビジョンも、

ラファエルくんが好きなものばかりだった。

 

前の彼は、やっぱり縁が深い人で、

私の浄化を引き受けてくれた。

 

そうだったんだ〜〜〜

 

みつけたよ。

 

 

それでね。

これがわかったら、

この流れから来てる全ては、

終わりなんだ。

 

ただ、そうであるだけに戻るんだ。

この旅は、終着になる。

 

 

 

 

エネルギー交流について 再掲載

エネルギー交流の記事だけ、すごい読まれてて、

私なんか嫌だなって思った。

なんで嫌なんだろう。。

それを追い求めることが嫌なんだと思います。

それは、エネルギー交流を目的にして求めると、

何かを違ってしまうことが多いから。

 

納得いかないから、

もう一度、わたしの最新の

さまざまな体験からきた見解を、

ここに掲載します。

 

多分皆さんがいってるような、

エネルギー交流は、誰とでも起こります!

人と人は、影響し合い、

常にエネルギーは交流してるものです。

 

肉体を結べばエネルギー交流しちゃうし、

目と目を合わせたり、

触れたりすればそれもエネルギー交流です。

 

そして、ソウルメイト的に

魂が近い存在であれば、

それなりに現象が起こります。

 

そして、カルマがある場合の引き合いは、

相当強いものを感じるはずです。

これも質なんだけど、惹かれると同時に

いやな感覚を感じることが、多いはず。

 

エネルギーの交流と、

相手が性的魅力を感じてて送ってくる、

念のようなものは、これまた違います。

 

エネルギーの質が違うので、

この想念つきは、質量をより感じると思う。

私は腰付近に、まとわりつくように感じる。

これも、ある意味、誰とでも起こる。

 

そして、世の中には、こういうことを

術として起こせる人、

かつてそういう過去世があったり、

今世、何かで学ぶようになったり、

そのエネルギーを振り撒く人がいるということです。

霊力を使える人がいるってこと。

大きな影響力は、こういうものの一種だと思います。

 

例えばこの霊力から起こすケースは、

エピソードとして紹介してるのは、

直近のタントラの術の

エジプト過去世しばりのおじさまとかね。

 

でも、多くの人が知りたいのは、

スピリチュアルセックス とか、

魂のまぐあいとか、そういうことでしょ?

それをエネルギー交流だと思ってるということでしょう?

最近、至福の体験を求めてる人が多いことを知った。

男女の交わりをしてても、

幸福感を感じる体験をしてる人は少ないようだ。

虚しいと感じる行為を繰り返す男女も多いようだ。

 

スピリチュアルセックス は、

感じて!プレアデスという漫画を描いてる人があるけど、すごい共感する。

あんな感じです。

 

タントラ研究してる人は、

道を間違えやすいと感じた。

なぜかというと、

そうしたい、という欲が強いからだ。

行為のそもそもの、ベースにあるエネルギーが違うのだ。

性をコントロールの道具にしたら、

それはそれで大きなカルマとなると思ってます。

この性のカルマがある人は、性的な体験で、

その追体験から、

愛の選択へ行くような道のりがまた始まる。

始まりの種となる動機を、どう撒くかで、

それが実となって戻ってくる。

 

 

この男女のエネルギーが交わり、

イシスの性魔術や、マグダラの書、それからチベット密教の最高の知恵と言われる普賢菩薩の男女が交わる姿に表される悟りの世界、

このエネルギーは、自然に起こるもので、

「そうしようとして起こるもの」ではないから

 

私のエピソードで書いてる、

紐解かれるアレコレで書いた通りなの。

愛は、ハートで伝えるもので、

エネルギー体でやってたことを、

この地球でそのまましてるだけ。

それは、なにかといえば、

純粋な愛から発生していくこと。

純粋とは、混じり気がないことであり、

愛とは、全肯定している状態。

じぶんも、相手も。

 

 

ツインフレームのエネルギーの交わりは、

他のものと全く違います。

あくまでわたしの体験と見解から、だけどね。

 

2人が初めて今世で繋がる瞬間、

爆発的なエネルギーの高まりを

同時に両方が肉体で体験する。

止めようがない、身体のチャクラが開き、

エネルギーが解放される。

まるでビッグバン。

 

辻真理子さんが書いた内容に、

ツインスターは宇宙の設計図を紐解く鍵を持ってるというが、

私と彼のことを紐解けば、

命の起こりのことに行き着く。

行き着かざるを得ないのだ。

受精卵の細胞一つの中の、青と赤。

ここから細胞分裂が始まる。

あぁ、そうか。

だから一度あったら、流れは止められないんだ。

 

私が肉体で出会う前に体験してる、

霊体が融合した時もあるけど、

その時の圧はものすごいものがありました。

次元が違うものが交わる時は、

重力がかかるものだけど、

霊体には、エネルギー体の層があり、

それの次元は分かれているけど、次元が上がるほど広範囲になり、人間的人格は薄れていき、

それは愛と言われる。

純粋なエネルギーである。

いわゆる地球でいう愛という概念すらないかも。そして、憂いもない。

プレアデスとかの宇宙人は、

6次元くらいと思う。

別の言葉では、第6密度。

この地球は、第3密度。

だから、具現化したい時には、

密度を濃くしていくことだ。

そのプロセスは、

カバラ生命の樹に描かれてる。

チャクラポイントで言えば、第一、第二チャクラだから、霊性を〜とかいって、上にばっか繋がろうとするツインのこと関心ある女性は気をつけた方が良いし、実際、言葉を交わす間柄であればそう伝えます。

行動が大切なのは、具現化のことがあるからです。

 

ツインフレームは、

コーザル体以上の領域のパートナーを、

地上で体現していくことになる。

一対一の関係である。

コーザル体とは、5次元以上の領域であり

時空を超えていくエネルギー体である。

その体感は、しゅわしゅわしてる。

 

だから、ハイヤーセルフの許可

とかいう言葉が世の中に出てる。

 

2人が一緒にいれば、

ゼロ磁場と同じような磁場ができる。

同質の、プラスとマイナス。

 

彼の側のエネルギーの起こりは、

ポーンと飛んで、わたしの方が受け取る。

私が受け取り起こったエネルギーは、

彼の方にまた戻る。

お互いの身体を通るエネルギーは、

行き来しながらインフィニティをつくる。

 

お互いに鍵を持ち合う。

 

肉体のエネルギーも、陰と陽であり、

魂のエネルギーも陰と陽だけど、

これは真逆であり、

天地でインフィニティをつくる。

 

永遠であるということだ。

 

そして魂のまぐあいの方は、

これとはまた違ってて、

霊体さんとのまぐあいは、

肉体がないだけなのだ。

 

 

層があって、

次元の高い霊体とのまぐあいは、

いなりさんの言葉を借りれば、

光の情報の交換をしてると。

これも大切な行為だ。

 

そして、彼女はこんなこと言ってる。

私と、ラファエルくんが、

浄化が進み、お互いが純粋な自分に戻った時、

肉体で交わったら、消える!って。

一瞬消えてまた戻る。

でも、それは、同じものが戻るわけじゃない。

2人が融合したもの。

ワクワクするわ!って。笑

 

自我の消失と、

そこからの再生を言ってる。